【私学法第47条】(財産目録等の備付け及び閲覧)【私学法第50条】(解散事由)

2011年09月22日

【私学法第48条】(会計年度)

会計年度こんにちは! 平日、私立学校法を一条ずつ読み込んでいます。

今日は、第48条(会計年度)です。

 

 

 

【私立学校法第48条】(会計年度)

学校法人の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終るものとする。

 

【説明】

1. 本条の趣旨

 本条は、学校法人の会計年度を定めている。

 

2.3月決算の理由

 学校法人の会計年度を3月にした理由を考えてみます。

  もそも学校法人が設置する学校自体が4月1日から翌年3月31日までを1期間を活動期間としている

  国、地方公共団体と同じ3月(財政法第11条・地方自治法第208条)にしたい

  調査統計の観点から、また国又は地方公共団体の助成事務の面から3月にしたい

各省大臣が所管する民法上の法人については、3月決算とする(例えば、文部科学大臣の所管に属する公益法人の設立及び監督に関する規則第6条第1項)」

(松坂先生。p291〜p292参考)。

 

 いずれにしても学校法人の決算を3月決算にしたのは、学校の活動期間は4月始まりの3月終了でありこと。補助金の支出する官公庁の会計年度も4月始まりの3月終了であることが大きいようです。



kaikei123 at 07:24│Comments(0)TrackBack(0) 【法】 私立学校法・ミニ逐条解説 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【私学法第47条】(財産目録等の備付け及び閲覧)【私学法第50条】(解散事由)