【私学法第32条】寄附行為の補充【私学法第33条の2】 財産目録

2011年08月24日

【私学法第33条】設立の時期

設立 

こんにちは! 夏休みは私立学校法を一条ずつ簡単にですけれど、読み込んでいます。今日は、私立学校法第33条(設立の時期)です。

 

 

 

 

【私立学校法第33条】(設立の時期)

第33条        学校法人は、その主たる事務所の所在地において政令(※組合等登記令)の定めるところにより設立の登記をすることによつて成立する。

 

 【説明】

1.本条の趣旨

 学校法人は設立登記で誕生することを定めています。

 

2.設立登記は2週間以内に

設立登記は、設立の認可のあった日から2週間以内に主たる事務所の所在地において、従たる事務所を置くときは主たる事務所における登記から2週間以内に従たる事務所の所在地において、登記しなければならない。(組合等登記令第第3条)

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:28│Comments(0)TrackBack(0) 【法】 私立学校法・ミニ逐条解説 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【私学法第32条】寄附行為の補充【私学法第33条の2】 財産目録