【私学法第16条】委員の費用弁償【私学法25条】(資産)

2011年08月11日

【私学法17条】審議会の運営の細目

審議会こんにちは! 今、連日、私立学校法の私立学校審議会の部分を読み込んでいます。今日は、17条(運営の細目)です。審議会の最後の条文です。

 

 

 

 

【私立学校法第17条】(運営の細目)

17条 この法律に規定するものを除くほか、私立学校審議会の議事の手続その他その運営に関し必要な事項は、都道府県知事の承認を経て、私立学校審議会が定める。

 

【説明】

1.本条の趣旨

 本条は、「私立学校審議会の議事の手続その他その運営に関し必要な事項は、都道府県知事の承認を経て、私立学校審議会が定めことができる」としています。これは、私立学校審議会の自主性を尊重し、審議会に会議運営を期待して一種の規則制定権を認めたものと言えます。

 

2.「この法律に規定するもの」とは

第12条に規定する私立学校審議会の委員の任期や第13条の会長の選出方法、第15条の議事参与制限等があります。

 これらの事項について私立学校審議会が、本法第17条の規定と異なる取り扱いを定めた場合には、本条に従って、その相違部分については無効となります。

 

3.「議事の手続その他その運営に関し必要な事項」とは

これは議事の議決方法、定足数、議事録等に関するもののほか、会議招集方法や、会長に事故があるときや欠けたときの会議の主宰者等の運営の細目をいいます。

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:24│Comments(0)TrackBack(0) 【法】 私立学校法・ミニ逐条解説 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【私学法第16条】委員の費用弁償【私学法25条】(資産)