【新】耐震診断と耐震補強工事【新】建物の壁面塗装

2010年08月16日

【新】教室の改造工事

教室こんにちは! 日本公認会計士協会から「固定資産に関するQ&A」が公表されました。旧中間報告(昭和55年)からの加筆部分を、お知らせしています。※学校法人委員会研究報告第20号(平成22年6月9日)

 今日は、教室の改造工事です。 

 

<Q>教室の改造工事(Q&A2−4)

当校では、大教室を改造して二つの特別教室を作りました。当該改造に要した支出は施設関係支出の「建物支出」として処理すべきか、「修繕費支出」として経費処理すべきか、どちらでしょうか。

 

<A>

質問の教室の改造工事は、用途の変更として、建物の質的向上を伴うものであるため「建物文支出」として処理するものと考えられます。

 

<梶間コメント>

 常識的な固定資産のQ&Aですね。

  質的な価値向上・耐用年数がのびる場合→固定資産計上

  現状維持(もとに戻す)の場合→修繕費 です。



kaikei123 at 07:27│Comments(0)TrackBack(0) ★ 固定資産 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【新】耐震診断と耐震補強工事【新】建物の壁面塗装