2010年03月08日

【現物寄付金】いつ計上するの?

体育こんにちは! 先日は、普通高校で決算のご相談を受けました。

 

<Q>卒業生から体育の授業で使うスポーツ用具の寄付60万円を受けました。いつ現物寄付金を会計処理するか課内で2つの意見があります。

    現物寄付をもらった時に計上する意見

    現物寄付は決算でまとめて計上する意見

どちらが正しいのですか?

 

<A>現物寄付の会計処理については他校でも聞かれる話です。

 原則は、取引事実があったら、その取引事実をそのまま会計処理することになりますので、現物寄付金は、スポーツ用具の寄付を受けたらその受領日で仕訳を起こすことになります。

 

 しかし、知事所轄学校法人では、現物寄付金は決算でまとめて行うことも認められています。

 根拠は、「小規模法人における会計処理等の簡易化について(報告)」について(通知)が当時の文部省から出ています(昭和49円3月29日)。

 

 ですから、現物寄付金の計上は、もらった日にする方法も決算にまとめて計上する方法も「あり」と言うことになります。



kaikei123 at 07:26│Comments(1)TrackBack(0)《特集》 学校会計特有の処理 | ■■ 収入/寄付金収入

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by チョビー   2010年03月09日 12:15
小規模法人以外は受入れた日に計上しないとイケナイのですか?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字