2009年11月30日

【減価償却】固定資産の残存価額について!

減価償却2こんにちは! 今日は、専門学校さんからのご質問です。

 

<Q>当校のグループには会社があります。ここでは、減価償却の計算を定額法で計算しているのですが、従来は残存価額を取得価額の10%で計算していましたが、税法が変わり、今は残存価額をゼロにしています。

 学校法人会計では、残存価額は従来通りで良いのですか?

 

<A>

 学校会計では、固定資産のうち時の経過により価値を減少するもの(減価償却資産)については、定額法で減価償却を行うことになっています。(学校法人会計基準第26条)

 

 ここで、残存価額ですが、確かに従来の法人税が残存価額を10%としていたことから学校法人の会計でも残存価額を10%としている学校が多くあります。

ただ、中には、残存価額をゼロにしている学校法人もありました。そして、これは学校会計では認められた会計処理でした(学校法人委員会報告第28号)。

 

 結論としては、残存価額を10%にするかゼロにするかは学校法人の判断によります。どちらも認められる方法です。



kaikei123 at 20:47│Comments(0)TrackBack(0)★ 固定資産 | 《特集》 学校会計特有の処理

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字