2009年10月19日

【資産】教育研究用機器備品って何だろう?

備品2こんにちは! 今日は「学校の備品」についてのご質問です。

 

<Q>学校法人で、「教育研究用機器備品」と「その他の機器備品」の内容がピンと来ません。具体的な内容を教えてください。

 

<A>

まず機器備品の内容を説明します。機器備品と言うのは、形などの変更がなく長期間利用可能な物品で、消耗品でないものをいいます。いわゆる固定資産の機器、部品類が該当します。

消耗品でないものと言うのは、少なくとも耐用年数1年以上で、その価額が一定金額以上のものを指します。

 

そして、「教育研究用機器備品」と「その他の機器備品」の区分については文部省の昭和46年11月の通知「教育研究経費と管理経費の区分について」(雑管第118号)を参考にします。

 

サクッと、もう少し具体的に説明すると

授業1.教育研究用機器備品

教育研究のために使用される(つまり授業で使われる。学生全員に直接関係する。)機器設備、工具器具備品をいいます。学生用の机、椅子、理科教育用の実験設備や運動具、音楽室の楽器類など多くのものがこの科目に含まれます。

 

 

 

経理2.その他の機器備品

教育研究用以外の機器備品(つまり授業で使われれない)がこの科目に入ります。職員室、理事室などにある管理部門の什器備品が該当します。

他にも、食堂、寮などの厨房設備、什器備品などが含まれます。

  

ですから同じクーラーでも教室にあるクーラーは教育研究用機器備品、食堂のクーラーはそのた機器備品になります。

 

なお、企業会計の慣れている方には、学校法人会計では、「機備品」と言っており「器備品」ではありません。



kaikei123 at 07:27│Comments(0)TrackBack(0)★ 固定資産 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字