【補助金】私立大の補助金が減りそう!【事業収入】演奏会の会計処理!

2008年02月25日

【事業収入】公開講座の会計処理は?

セミナー

こんにちは! 今日は公開講座のご質問です。

 

<Q>一般市民の方を対象に、古典(特に古文)の公開講座を開きます。参加料として、資料代実費を一人700円もうらます。会計処理はどうなりますか?

 

<A>

 今回は、一般市民公開講座で、資料代実費をもらう場合のお金は、事業収入(大科目)で小科目に「公開講座収入」を新設します。

 

 支出は、生徒の教育に直接関係しませんが、教育研究経費とします。(管理経費では、ちょっとピンときません) 

 



kaikei123 at 06:27│Comments(2)TrackBack(0) ■■ 収入/付随事業収入(前:事業収入) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 某大学公開講座担当   2008年03月05日 13:01
いつも興味深く拝見させて頂いております。

1件質問させて下さい。

一般市民対象であっても教育研究経費とのことですが、
例外はないと考えて宜しいでしょうか。
具体的には、同公開講座開催の案内に関する新聞広告等
であっても教育研究経費の扱いで宜しいのでしょうか?
(広告内容:公開講座案内が主体で、それを主催する大 学の紹介が少し触れてある程度の構成)
2. Posted by 事務局   2008年03月05日 22:41
ブログのQ&Aでは、支出の内容、程度からみて教育研究経費としました。例外なく教育研究経費になるわけではありません。管理経費なる場合も当然考えられます。

なお、教育研究経費と管理経費の区分は、文部省通知(雑管第118号)にあります。

ご参考になれば幸いです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【補助金】私立大の補助金が減りそう!【事業収入】演奏会の会計処理!