2007年11月12日

【35条】貸借対照表のひな型は?

バランスシート

 こんにちは! 毎週、月曜日に読み込んでいた基準も少なくなりました。

今日は、基準35条(貸借対照表の様式)です。学校法人の貸借対照表は、割と企業会計に近いです。

 

 

 

第35条(貸借対照表の様式)

 貸借対照表の様式は、第6号様式のとおりとする。

 

【解説】

1.本条の趣旨

 本条は、 貸借対照表の様式を、第6号様式のとおりと定めたものです。ここでの貸借対照表の様式は報告式です。第6号様式は、貸借対照表に続く注記まで含めて様式を示しています(34条参照〉。

2.ずばり!コメント

 貸借対照表は、割と企業会計に近い形です。大きな違いは、資産の部の勘定科目の並び方が固定資産からはじまること。それと資本金の名称に似た全く違う概念の基本金があるところです。

 

 貸借対照表が理解が苦手な方は、バランス・シートと考えると理解が早まります。

 左側(借方)の資産と、右側(貸方)の負債+基本金+消費収支差額の合計額が左右でバランスしています。

         バランス・シート

         (○○年331日)

資産

負債

基本金

 

消費収支差額

 

 様式第6号自体は文量が多いのでここにご紹介できません。会計法規集で確認して下さい。ごめんなさい。

 それでは失礼いたします。



kaikei123 at 07:27│Comments(0)TrackBack(0)【学校法人会計基準・逐条解説】 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字