2007年07月30日

【20条】当年度消費収入超過額等の書き方

案内

 こんにちは! 消費収支計算書の5回目です。第20条(当年度消費収入超過額等の記載)です。消費収支計算書は、各条にこだわらないで、15条から24条まで通して読まないとわかりませんね。別表第2と第4号様式を合わせて見て下さい。さて、20条です。

 

第20条(当年度消費収入超過額等の記載)

 当該会計年度の消費収入超過額(消費収入が消費支出をこえる額をいう。)又は消費支出超過額(消費支出が消費収入をこえる額をいう。)は、当年度消費収入超過額又は当年度消費支出超過額として、消費支出の部の次に当該金額を予算の額と対比して記載するものとする。

 

【解説】

1 本条の趣旨

 基準20条は、当該年度の消費収入超過額および消費支出超過額の記載方法を明らかにしたものです。

 

2 当該年度に消費支出をこえる消費収入があった場合は「当年度消費収入超 過額」として、また、当該年度に消費収入をこえる消費支出があった場合は 「当年度消費支出超過額」として、消費収支計算書の「消費収支の部合計」 の次の項に予算額と対比して記載します。

 

3 同額の場合の記載 

 当該会計年度における消費収入と消費支出とがたまたま同額となった場合のときは、「当年度消費収入(消費支出)超過額 0円」のように記載します。

  

4 この当年度消費収入超過額または当年度消費支出超過額に、次の21条で定める金額を加減して、翌年度に繰り越す消費収入超過額または消費支出超過額を算定します。

20条



kaikei123 at 07:10│Comments(0)TrackBack(0)【学校法人会計基準・逐条解説】 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字