2007年04月30日

【基準7条】資金収支計算の方法

お金2

 こんにちは! 学校法人会計基準を読み込んで行きます。今日は、基準第7条(資金収支計算の方法)です。

 

 

 

第7条 (資金収支計算の方法)

 資金収入の計算は、当該会計年度における支払資金の収入並びに当該会計年度の諸活動に対応する収入で前会計年度以前の会計年度において支払資金の収入となったもの(前期末前受金)及び当該会計年度の諸活動に対応する収入で翌会計年度以後の会計年度において支払資金の収入となるべきもの(期末未収入金)について行なうものとする。

 

2 資金支出の計算は、当該会計年度における支払資金の支出並びに当該会計年度の諸活動に対応する支出で前会計年度以前の会計年度において支払資金の支出となったもの(前期末前払金)及び当該会計年度の諸活動に対応する支出で翌会計年度以後の会計年度において支払資金の支出となるべきもの(期末未払金)について行なうものとする。

 

【解説】 

1.本条の趣旨 

 本条は、前条(第7条)で示した資金収支計算の目的に即応した資金収入及び資金支出の計算方法について明らかにしています。

 

2.資金収入の計算方法

 本条第1項は、資金収入の計算方法について規定しています。

  

3.資金支出の計算方法

 本条第2項は、資金支出の計算方法について規定しています。

 

 条文は文章だけなので分かりづらいので、ひな形を示します。

資金収支計算書



kaikei123 at 07:28│Comments(0)TrackBack(0)【学校法人会計基準・逐条解説】 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字