2007年01月15日

【特有34】ソフトウエアの会計処理

ソフト(字)

 こんにちは! 事務所の移転があり1カ月ブログはお休みしました。今日から再開です。今日は、学校会計特有の処理から「ソフトウェア」です。

 

ソフエウェアは、企業会計と学校会計は違います。

企業会計には、「研究開発費等に係る会計基準」があり、ソフトウェアを無形固定資産に計上する場合がありますが,学校法人会計では原則として消耗品費支出等で経費処理します。

 

学校法人のソフトウェアの会計処理については、「Q&A第8号「コンピュータ・ソフトの購入等に閲する会計処理について」昭和62年。日本公認会計士協会)に従います。

 

 

ソフト(本体とOS) ソフトには、基本ソフト(いわゆるOS)と応用ソフト(アプリケーションソフト)があります。(Q&A質問1)

 学校会計では、パソコンとともに購入した基本ソフトパソコンのハード本体と同様に取り扱い、学校法人の採用する固定資産の計上基準によって判定し,機器備品に計上するか経費処理することになります。(Q&A質問1)

 

ソフト(表計算) 応用ソフトについては,支出額の多寡にかかわらず支出時の経費として処理することとされています。



kaikei123 at 08:27│Comments(0)TrackBack(0)《特集》 学校会計特有の処理 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字