2006年11月13日

【学校特有28】独自の耐用年数表あり!

2つの基準 月曜日は、「学校会計の特有の会計処理」をピックアップして連載しています。今日は、減価償却から耐用年数の話です。

 

 耐用年数は、減価償却資産の利用可能な見積もり年数です。

この見積年数は、本来学校法人の固定資産の使用状況等を勘案して自主的に決定すべきものです。しかし、実際、学校法人で、各減価償却資産についてこれを行うことは困難なので、2つの目安の耐用年数を設けています。

 

 岾惺史/涌儖会報告第28号学校法人の減価償却に関する監査上の取扱いについて」(平成13514日・日本公認会計士協会学校法人委員会)の「固定資産の耐用年数表」…学校会計特有の基準です

◆峺魂曾却資産の耐用年数等に関する省令」(財務省令)…企業会計の税法基準と同じです。

 実務では、,梁冤冉数を用いて、△砲覆じ魂曾却資産については,鮖箸Δ海箸多いようです。



kaikei123 at 07:19│Comments(0)TrackBack(0)《特集》 学校会計特有の処理 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字