2006年08月28日

【学校特有院枉額重要資産の会計処理

机と椅子

 こんにちは! 月曜日は、「学校会計の特有の会計処理」をピックアップして連載しています。今日は、「少額重要資産の会計処理」の話です。

 

 

 

1.少額重要資産の定義

少額重要資産とは、学校法人の性質上基本的に重要なもので、その目的遂行上常時相当多額に保有していることが必要とされる資産をいいます。

 たとえば、机、椅子、書架、ロッカー等の機器備品がこれに当たります。これらの少額重要資産は、固定資産として管理し、かつ、基本金の設定対象としなければなりません(文管振第62号)。したがって、個々の金額が僅少であっても、これら少額重要資産は、すべて固定資産として計上しなければなりません。

 

2.少額重要資産の判断

 少額であっても固定資産に計上しなければならない少額重要資産について、重要資産であるか否かの判断は次の基準で行うこととされています

ヽ惺史/佑寮質上基本的に重要な資産(学生生徒等の机、椅子、ロッカー又は図書館等における書架等、教育研究上基本的に重要な資産)であるかどうか。

⊂鏤相当多額(多量)に保有することが目的遂行上必要とされる資産であるかどうか。

 

 なお、少額重要資産については、経理規程等に具体的な内容を明記することが望ましいとされています。

 

(出典:学校法人会計の実務ガイド・あずさ監査法人)



kaikei123 at 07:21│Comments(0)TrackBack(0)《特集》 学校会計特有の処理 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字