【学校特有】教育研究用機器備品【学校特有】学校特有の図書

2006年07月17日

【学校特有】その他の機器備品

パソコン こんにちは! 月曜日は、「学校会計の特有の会計処理」をピックアップして連載しています。今日は「その他の機器備品」の話です。

 

その他の機器備品も学校会計特有の勘定科目です。その他の機器備品は、機器備品のうち,教育研究活動に使用する以外のものをいいます。

 

 機器備品は減価償却を行う減価償却資産であるため,資産をどちらに区分するかで減価償却費(減価償却額)か消費収支上の教育研究経費となるか管理経費となるかが異なってきます。

つまり、教育研究用機器備品の償却費は教育研究経費,その他の機器備品の償却費は管理経費になります。

 

 この点については,『「教育研究経費と管理経費の区分について(報告)」について(通知)』雑管第118号昭和461127日)では,明らかに管理経費となるものを限定列挙し,その他は各学校法人の自主的で合理的な判断に委ねることとしています。

 

校長

 固定資産問答集51では,この趣旨を参考にして「教育研究用機器備品」と「その他の機器備品」の区分を行うよう求めています。具体的には、理事長室の備品,総務・人事・財務・経理等の管理部門で使用する備品,教職員寮の備品,食堂や売店の設備等は,「その他の機器備品」と考えられます。

 なお,少額資産の費用処理や少額重要資産の取扱いは,教育研究用機器備品と同じです。

(参考:学校法人会計の実務ガイド・あずさ監査法人編)



kaikei123 at 07:15│Comments(0)TrackBack(0) 《特集》学校会計特有の処理 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【学校特有】教育研究用機器備品【学校特有】学校特有の図書