【学校特有】少額資産の取得価額【学校特有】その他の機器備品

2006年07月10日

【学校特有】教育研究用機器備品

パソコン

 こんにちは! 月曜日は、「学校会計の特有の会計処理」をピックアップして連載しています。今日は、「教育研究用機器設備」の話です。

 

 教育研究用機器備品は、学校会計特有の勘定科目です。意味ですが、教育研究用機器備品は機器備品(機械設備や工具器具備品)のうち,教育研究活動に使用するものをいい,標本および模型を含みます。

 教育研究用機器備品は、減価償却資産であり,減価償却を行います。この場合の減価償却額は,消費収支の教育研究経費となります。

  

机

 少額のものについては1年を超えて使用されるものであっても資産とせず,経費処理することができますが,机,椅子,書架,ロッカー等学校法人の性質上基本的に重要なもので,その目的遂行上常時相当多額に保有していることが必要とされる資産は少額重要資産といわれ,固定資産として管理し,かつ,基本金の設定対象とします。



kaikei123 at 07:23│Comments(0) 《特集》学校会計特有の処理 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【学校特有】少額資産の取得価額【学校特有】その他の機器備品