【学校特有Α枌了所轄法人にはローカルルールあり【学校特有─杰渊颪亮萋晴然

2006年06月19日

【学校特有А杆把蟷饂困良床<減損なし>

評価

 こんにちは! 月曜日は、「学校会計の特有の処理」をピックアップして連載しています。今日は

「固定資産の評価」の話です。

 

 資産の評価は,基準第25条に定められています。これによると、「資産の評価は取得価額をもって行うものとする」とされています。ですから、固定資産も取得価額により評価されます。

 

 さらに、基準第25条但し書では,「当該資産の取得のために通常要する価額と比較して著しく低い価額で取得した資産又は贈与された資産の評価は,取得又は贈与の時における当該資産の取得のために通常要する価額をもってするものとする」としており、この場合は時価による評価が求められています。

 

 固定資産の取得価額は,基本金への組入額に直接影響します。また、固定資産は、建物のように、時の経過によりその価値が減少する「減価償却資産」については減価償却をして、減価償却額は消費収支計算に影響します。

 

 固定資産の評価の違いは、取得については企業会計と同じです。ただ、企業会計である減損会計が学校会計にはありません。



kaikei123 at 05:25│Comments(0)TrackBack(0) 《特集》学校会計特有の処理 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【学校特有Α枌了所轄法人にはローカルルールあり【学校特有─杰渊颪亮萋晴然