2005年10月15日

【改正基本金】適用初年度における過年度基本金組入れの繰延高について

 繰り延べ         

こんにちは。今日は、「適用初年度における過年度基本金組入れの繰延高について」の話をします。

 

 

<Q>適用初年度における過年度基本金組入れの繰延高の処理はどのようにすればよいでしょうか。

 

<A>第1号通知(2)によれば、「平成17年4月1日現在有している基本金の繰延額は、学校法人がその諸活動の計画に基づき必要な資産を継続的に保持するために維持すべきものを除き、平成17年度決算の基本金取崩しの対象とすること」とされています。

 

したがって、平成17年4月1日現在の「過年度基本金組入れの繰延高」については、継続的に保持するために維持する場合には次年度以降に繰り延べ、継続的に推持する必要がない場合には平成18年3月31日をもって終了する会計年度の基本金の取崩対象額に含めることとなります。

 

(改正学校法人会計問答集Q&A第16号 3−9)



kaikei123 at 03:00│Comments(0)TrackBack(0)☆ 基本金 | 《特集》 H17改正基本金

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字