2005年10月09日

【改正基本金】学生寮の廃止に伴う除却と基本金の組入れ及び取崩し

学生寮こんにちは。今日は、「学生寮の廃止に伴う除却と基本金の組入れ及び取崩し」の話をします。

 

 

 

 

 

<Q>3棟ある学生寮のうち1棟を取り壊しましたが、

(1)学生寮を再取得する場合と、

(2)再取得しない場合とでは基本金の処理は異なりますか。

 

<A>第1号基本金の取崩しについての取扱いは、具体的に示すと次のとおりです。

 

(1)除却又は売却した資産と同一種類の資産を再取得する場合

〇饂困鮑銅萋世垢襪泙粘靄楸發魴り延べる。

基本金の取崩対象額が組入対象額を下回る場合、その差額を組み入れる。

4靄楸發亮菠対象額が組入対象額を上回る場合、その差額を取り崩す。

 

(2)除却又は売却した資産と同一種類の資産を再取得しない場合

ヾ靄楸發亮菠対象額が組入対象額を下回る場合、その差額を組み入れる。

基本金の取崩対象額が組入対象額を上回る場合、その差額を取り崩す。

 

なお、基本金明細表の記載上の留意点は次のとおりです。

・当年度の組入れ、取崩しの内訳を記載し、基本金の各号ごとに計算して組入れが多い場合は「当期組入高」、取崩しが多い場合は「当期取崩高」として記載します。

 

・第2号基本金から第1号基本金への振替については、上記の計算に含めることなく「当期組入高」の中で取り扱います。

 

・各号の「当期組入高」を合計した額が合計欄の「当期組入高」と一致し、各号の「当期取崩高」を合計した額が合計欄の「当期取崩高」と一致します。

 

(改正学校法人会計問答集Q&A第16号 3−4)



kaikei123 at 03:00│Comments(0)TrackBack(0)☆ 基本金 | 《特集》 H17改正基本金

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字