【基本金】第2号基本金10億円と対応する引当特定資産の関係【基本金】建設仮勘定の精算に伴う基本金組入れ

2005年09月06日

【基本金】固定資産売却収入で校地取得をする場合の基本金

社宅こんにちは。今日は、「固定資産売却収入で校地取得をする場合の基本金」の話をします。

 

<Q>取得価格2500万円の土地付建物(土地1500万円、建物500万円(減価償却累計額150万円))を職員住宅に使用しており、基本金に組み入れています。

これを2500万円で売却しましたが、この資金で将来校地を購入する予定であり、当面、特定預金として計上したいと考えております。この場合の会計処理方法はどうすべきでしょうか?

 

<A>

基本金の取扱いについては、土地付建物購入の際、組入れた第1号基本金の減額修正を行うとともに、土地付建物の売却収入で将来校地購入を予定していることから、この売却収入相当額を第2号基本金に組入れるのが妥当です。

 

なお、この変更については、理事会の手続きが必要です。また、第2号基本金組入相当額を、組入れ計画に即した具体的名称を付した特定預金として保有することが必要です。仕訳で説明します。

 

1.売却時

資金収支計算

(借)現金預金  2500   (貸)資産売却収入2500

 

⊂暖饉支計算

(借)現金預金    2500 (貸)土地   1500

   減価償却累計額  150    建物    500

                資産売却差額650

 

2.特定預金設定時

〇餠蘯支計算

(借)○○特定預金への繰入支出2500(貸)現金預金 2500

 

⊂暖饉支計算

(借)○○引当特定預金 2500(貸)現金預金 2500

 

3.基本金の修正

‖茖厩羇靄楸發慮些杤だ

(借)第1号基本金 2000 (貸)基本金組入額2000

 

第2号基本金の組入

(借)基本金組入額 2500 (貸)第2号基本金2500

 

(参考:「学校法人の経営に関する実務問答集」Q2362003)



kaikei123 at 03:00│Comments(0)TrackBack(0) ☆ 基本金 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【基本金】第2号基本金10億円と対応する引当特定資産の関係【基本金】建設仮勘定の精算に伴う基本金組入れ