【基本金】機器備品の取替更新【基本金】機器備品の除却と基本金

2005年08月17日

【基本金】車両を取り替えた場合の除却と基本金

スクールバス

こんにちは。今日は、「車両を取り替えた場合の基本金の取扱い」を解説します。

 

 

 

<Q>当年度、車両を1台除却し(取得価額200、簿価40)、新規に車輌を260で購入しました。下取価額60が旧車輌の帳簿価額40を上回る場合、車輌の除却と基本金の組み入れについてはどのような会計処理をすればよいでしょうか。

 

<A>

1.資金収支計算では

(借方)現金預金  60(貸方)車輌売却収入 60      

    車輪支出 260    現金預金  260

 

2.消費収支計算では、下取りさせた車輌の帳簿価額40から下取額を60控除した額20を「(大科目)資産処分差額」、「(小科目)車輌処分差額」等に計上します。

質問のように簿価よりも下取り額が大きい場合には、「(大科目)資産売却差額」、「(小科目)車輌売却差額」等に計上することになります。

(借方)現金預金  60(貸方)車   輌  40

                車輌売却差額 20

 

3.なお、基本金の組入れについては、基本金明細書において差額(新車輌の取得価額260−旧車輌の取得価額200)60を組入れ表示することになります。

 

(参考:学校法人の経営に関する実務問答集・2003)

 

 



kaikei123 at 23:35│Comments(0)TrackBack(0) ☆ 基本金 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【基本金】機器備品の取替更新【基本金】機器備品の除却と基本金