2023年07月

2023年07月24日

【休憩室】今日から夏休み!!

螟丈シ代∩14こんにちは!学校が夏休みに入りました。広場も夏休みに入ります。

夏休みは、721日(金)〜831日(木)の42日間の予定です。



kaikei123 at 09:44|PermalinkComments(0)

2023年07月21日

【人事】大学のテニュアトラック制度とは?

退職金

こんにちは!今日は、ある大学の学校評価の会合で出た話題からです。

 

<Q>【人事】大学のテニュアトラック制度とは?

 大学のテニュアトラック制度とは何ですか?

 

 大学のテニュアトラック制度とは、教員を一定期間任期をつけて採用し、任期中の業績を審査し、合格者に雇用保障(終身雇用)を与える制度です。

 大学のテニュアトラック制は、教員を自立的な教育研究環境で一定期間雇用し、テニュア審査を経て独立した教員として採用する、大学教員の育成・選抜のための公正で透明性の高い人事制度と考えられています。

 日本の大学では終身雇用制は珍しくありませんが、アメリカでは、極めて例外的な雇用形態です。ただ、アメリカでもテニュアトラック制を採用すれば、終身雇用が優秀な人材を大学に呼び込む誘因にもなると言います。

 テニュアトラック制の概要 - 文部科学省

 

 テニュアトラックという言葉は、もともとは英語のtenure」(任期、大学の終身在職権)と「track」(通り道、道筋)を合わせた造語で、大学では終身雇用につながる道筋いう意味です。

 日本でも,大学の活性化と若手研究者の自立のためにレテニュアトラック制度が導入されていますが、教員全体ではまだ少数のようです。(参考:大学事典p17 2018平凡社)

 

 今日は、ここまでです。




kaikei123 at 07:00|PermalinkComments(0) ◎ 大学評価 

2023年07月20日

【ニュース】令和4年度文部科学白書 公表される!

令和4年度文部科学白書 こんにちは!今日は、ニュースです。

 文部科学省は18日、令和4年度(2022年度)の文部科学白書を公表されました。
令和4年度(2022年度文部科学白書






 

令和4年度版の特集は2つです。

特集

「令和の日本型学校教育」を担う教師の養成・採用・研修等の在り方について

未来をけん引する人材の育成〜大学・高等専門学校の機能強化と学び直し促進〜

 

今日は、ここまでです。

追加 ほぼ引用:教育学術新聞第293332023.7.26 p2

ICT端末は令和のスタンダード

令和4年度 文部科学白書

教員の長時間労働の是正待ったなし

 文部科学省は、718日に令和4年度版「文部科学白書」を公表した。グローバル化や知識基盤社会の到来、少子高齢化の進展など社会が急速に変化している中で、教育の重要性が増している。白書の中では、教員の長時間労働の是正、タブレットなどの学習用端末、ICT端末は令和時代の学校の「スタンダード」であることが明記されている。

 文科省は、教育、科学技術・学術、スポーツ、文化芸術にわたる施策を広く国民に紹介するため、「文部科学白書」を毎年刊行している。

 第1部の特集1では、令和4年12月に中央教育審議会で取りまとめられた「『令和の日本型学校教育』を担う教師の養成・採用・研修等の在り方について」取り上げている。「令和の日本型学校教育」を担う教師に求められる資質能力や、質の高い教職員集団の形成、教員免許更新制の発展的解消および教員研修の高度化、教員養成大学・学部および教職大学院の高度化や機能強化、教師を支える環境整備について紹介している。

 また、特集2では、「未来をけん引する人材の育成〜大学・高等専門学校の機能強化と学び直しの促進〜」と題し、令和4年5月に取りまとめられた教育末来創造会議第一次提言においても示された、成長分野をけん引する大学・高等専門学校の機能強化や、学び直し(リカレント教育)を促進するための文部科学省における取組みについて紹介している。第2部は、14章からなる。

 /靴燭併代に対応した教育政策の推進、

 東日本大震災からの復興・創生の進展、

 生涯学習社会の実現、

 そ蘚中等教育の充実、

 ス眦教育の充実、

 私立学校の振興、

 Р奮惶蚕僉Τ惱兩策の総合的推進、

 ┘好檗璽栂国の実現、

 文化芸術立国の実現、

 国際交流・協力の充実、

 ICTの活用の推進、

 安全・安心で質の高い学校施設の整備、

 防災・減災対策の充実、

 文部科学省改革、行政改革・政策立案機能強化に向けた取組

   が詳細にまとめられている。

 い僚蘚中等教育関連では、教育機会の確保や、教育水準の維持向上のため、

▽学習指導要領が目指す教育の実現(社会に開かれた教育課程の実現を重視する。子供たちの「生きる力」を育むために、主体的・対話的で深い学びの視点から授業改善やカリキュラム・マネジメントの推進)、

▽学校における働き方改革の推進(教師の長時間勤務の是正、効果的な教育活動が行えるよう環境整備)、科学技術系人材を育成するための理数教育の推進(理数好きな子供の増加につながる取組み)、

▽グローバル人材の育成に向けた教育の充実(小・中・高等学校を通じた外国語教育の強化、高校生の留学・国際交流の推進、ワールド・ワイド・ラーニングコンソーシアム構築支援事業の展開や国際理解教育の推進)など様々な施策について取り上げている。





kaikei123 at 07:00|PermalinkComments(0)

2023年07月19日

【新会計基準】「在り方検討会」のその後??

雲隠れをする忍者ninja_kumogakureこんにちは!今日は、ニュースと言うか情報一つです。

 

 皆さまご存じのように「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」が密かに進んでいて、第2回の検討会が627日開催のようでした。検討会は、非公開なので傍聴はできません。ただ、議事録は後日公表されるということなので先ほど、文科省さんに電話してご担当の方に公開の時期を伺ってみました。

 電話ですので行き違いがあるかもしれませんが、伺ったところでは7月中を目途に議事録と資料」を文科省のホームページ内で公開予定とのことでした。

 

 私立学校法の改正についてという冊子p54では、検討事項は、ざっくりですが次の通りでした。

<主な検討事項>

私立学校法に基づく財務報告の目的及び財務情報の利用者ついて

計算書類の体系及び内容について

その他

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 10:40|PermalinkComments(0)

2023年07月17日

【人事】大学のクロスアポイントメント制度とは?

クロスアポイントメント 22034080こんにちは!今日は、ある大学の学校評価の会合で出た話題からです。

 

<Q>【人事】大学のクロスアポイントメント制度とは?

 大学で聞くクロスアポイントメント制度とは何ですか?

 

<A>

 クロスアポイントメント制度とは、研究者等が複数の大学や公的研究機関、民間企業等の間で、それぞれと雇用契約を結び、業務を行うことを可能とする制度です。この制度により、異なる分野の研究者が協力して研究を進めることができます。

 文科省 クロスアポイントメント制度の基本的枠組と留意点【追補版

 

 もう一つ大学事典p226から

「クロスアポイントメント制度(研究者等が複数の機関と雇用契約を締結し,各機関において常勤職員の身分を有しつつ研究・教育等の業務に従事,それぞれから給与の支払いを受けることを可能とする制度。混合給与制度ともいう。」

 

 「Cross-appointment」は、「cross」+「appointment」です。「cross」は、「交差する」ということ。「appointment」は、「任命」という意味です。つまり、「cross-appointment」は語源的には、異なる組織間での人事交流制度のことを指します。

 クロスアポイントメント制度の利用は、大学によって異なりますが、この制度によって、異なる分野の研究者が協力して研究を進めることができるので増えてきているようです。国の方も人材流動性の向上や若手の活躍機会創出のために、クロスアポイントメントの積極的な活用が推奨しています。

 

 今日は、ここまでです。




kaikei123 at 07:00|PermalinkComments(0) ◎ 大学評価 

2023年07月10日

運用資産余裕比率について

決算 23057339今日は、ある大学でのご質問です。

 







<Q>運用資産余裕比率について

 私学事業団の提唱する財務比率の一つ、運用資産余裕比率を計算すると150%になりました。どこか間違っていますか?

※運用資産余裕比率=(運用資産−外部負債)÷経常支出

 1.運用資産=特定資産+有価証券(固定資産)+有価証券(流動資産)+現金預金

 2.外部負債=借入金+学校債+未払金+手形債務

 3.経常支出=教育活動支出計+教育活動外支出計

 

<A>

 運用資産余裕比率比率の単位は(年)になっています。ですから150%の計算値は,1.5年のことだと思います。1.5年は、学校法人の一年間の経常的な支出規模に対して運用資産が1.5年分蓄積されているという意味です。

 

運用資産余裕比率の意味

 「運用資産(特定資産・有価証券・現金預金の換金可能なもの)」から「外部負債(借入金・学校債・未払金等の外部に返済を迫られるもの)」を差し引いた金額が、事業活動収支計算書上の経常支出の何倍にあたるかを示す比率であり、学校法人の一年間の経常的な支出規模に対してどの程度の運用資産が蓄積されているかを表す指標です。

 この比率が1.0を超えている場合とは、すなわち一年間の学校法人の経常的な支出を賄えるだけの資金を保有していることを示し、一般的にはこの比率が高いほど運用資産の蓄積が良好であり、経常的な収支が安定しているといえます。

 運用資産余裕比率の単位は(年)となっています。

(参考:私学事業団「令和4年度版 今日の私学財政 大学・短期大学編」p77

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00|PermalinkComments(0)

2023年07月07日

【質保証】「ジャビー」とは?

JABEEこんにちは!今日は、ある大学院大学でのご質問です。

 




<Q>【質保証】「ジャビー」とは?

技術系の大学院大学の教員が言っていた「ジャビー」とは何ですか?

 

<A>

 「ジャビー」とは、JABEEのことで、「Japan Accreditation Board for Engineering Education」 の略語です。一般社団法人日本技術者教育認定機構(JABEE)は、技術者教育プログラムの審査・認定を行う非営利団体です。JABEEによる認定を受けることで、技術者教育プログラムの質が保証され、国際的に高い水準の教育を提供していると認められます。

JABEE |一般社団法人 日本技術者教育認定機構|世界で通用 ... 

 きちんとした説明は「大学辞典」p7172018平凡社)から引用させていただきます。

日本技術者教育認定機構

Japan Accreditation Board for Engineering EducationJABEE

  JABEE(ジャビー)とは、高等教育機関の工農理系学科で行われている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかどうかを審査するため、1999年に設立された第三者評価機関である。工農理系学協会と連携して、アウトカムベースの教育、PDCAサイクルによる教育改善、デザイン教育、チームワーク教育等を重視した先駆的な審査に取り組み、日本の大学評価の議論を牽引してきた。

 JABEEでは、日本の技術者が世界で活躍するためには、技術者教育の国際的同等性を確保することが重要であるという考え方に基づいて国際的枠組み(エンジニアリングはワシントン協定、情報系はソウル協定、建築はUNESCO-UIA)に加盟し、協定に準拠した基準で審査を行っている。このことによって、JABEE認定プログラム修了生は、海外留学をしたり、技術者として海外で働いたりする際に、他の加盟国の認定プログラム修了生と同等の資格を有していることを証明することができる。また修了生は、国家試験である技術士資格試験の第1次試験も免除されている。   深堀聰子

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00|PermalinkComments(0) ◎ 大学評価 

2023年07月03日

【ニュース】密かに進む「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」!!

雲隠れをする忍者ninja_kumogakure 今日は、けっこう大切なニュースです。

 

 今まで何度となく出てきて会計準の「在り方検討会」ですが、また、新しい「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」密かに進んでいるようです。

 

 令和年4年施行の私学法版・学校法人会計基準ですが、2023428日に公開された「私立学校法の改正について」p54で説明があるように「学校法人会計基準の在り方に関する検討学校」が設置され、基準の改定作業が進みはじめたようです。

 検討会は月に始まり今秋ごろまで合計8回程度開催され、現在第2回まで終了のもよう。

 在り方検討会は、理由はわかりませんが非公開だそうです。ですから従来と異なり、在り方検討会の傍聴はできません。

 ただ、詳細な議事録が公開される予定だと言うことです。

 

 今日は、ここまでです。

私学法改正p54



kaikei123 at 07:00|PermalinkComments(0)