2019年12月

2019年12月06日

【減価償却】何故ないの図書の耐用年数表?

図書館2こんにちは!今日は、ある高校でのご質問です。

 


<Q>【減価償却】何故ないの図書の耐用年数表?

 「学校法人の減価償却に関する監査上の取扱い」(学校法人委員会報告第28)の<参考>固定資産耐用年数表には、どうして図書の耐用年数がないのですか?

 

<A>

学校法人会計基準が施行された昭和46年当時は、減価償却の対象となるものは固定資産のうち時の経過によりその価値を減少するものなのですが、図書については価値判断が必ずしも統一されていないので、図書を減価償却の対象とすべきか否かを一律に決定することは困難でした。

 このため図書館や研究室にあるような図書については、価額のいかんを問わないで資産として計上することが適当としながらも、例外的に減価償却を認めました。

「図書の会計処理について(報告)」について(通知) (S47.11.14雑管第115号)

「固定資産に属する図書であっても、原則として減価償却経理を必要とし

ないものとする。このように減価償却を行わない場合で、図書の管理上除却

の処理を行ったときは、当該図書の取得価額をもって消費支出に計上するも

のとする。

 ただし、除却による経理が困難なときは、総合償却の方法によって減価償

却経理を行うことができる。」


 ここで、「学校法人の減価償却に関する監査上の取扱い」(学校法人委員会報告第28)の<参考>固定資産耐用年数表には、どうして図書の耐用年数がないのは、この固定資産耐用年数表を作ったときに図書についても耐用年数の設定をしたいという声もあったのですが、図書については減価償却をしないのが原則であること(上記「図書の会計処理について」雑管第1l5号参照)、合理的な耐用年数を定めるに足る資料がないことなどの理由によって、図書の耐用年数は定めないこととしました。

ただ、この耐用年数表にない資産等については、本表を学校法人の耐用年数表として採用している場合でも、別途に学校法人が独自に定めることを、(注)2明らかにしました。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00|PermalinkComments(0) ★ 固定資産/図書 

2019年12月05日

【固定資産】校内無線LAN工事の会計処理

無線LAN2(アンテナ)こんにちは!今日は、ある高校でのご質問です。

 

<Q>【固定資産】校内無線LAN工事の会計処理

 学校では、生徒にタブレットを貸与し、校内で無線のインターネットが使えるようにネットワーク用に校内無線LAN工事を行いました。この場合の校内のネットワーク工事の会計処理がわかりません。

 

<A>

 LAN工事は、見積書などを吟味しながら、工事現場を実際に目で見て確認して、取引事実を理解し、会計処理を決めていきます。会計処理の理解より、取引内容の事実確認の方が難しいことでしょう。

 一般的な校内LAN工事については、私学事業団の実務問答集が綺麗にまとめているので参考にして下さい。

182 学内LANの会計処理

Q 学内にLAN装置を整備したいと考えているが、それに伴う各種支出について、どのように処理すべきか。

 

A LAN とは校舎内などの限られた区域内で、複数のコンピュータなどの情報機器をケーブルなどで相互に接続するネットワークのことをいう。一般にこのLAN の導入に際しては、ケーブルの敷設工事のほかに、サーバやクライアントのパソコン、通信装置、接続装置などが必要になる。

この場合、通信装置等を購入した場合は「設備関係支出」(装置等が資産計上基準未満の場合は「経費支出」)となり、リースによって導入した場合は、リース契約の内容に応じて「設備関係支出」又は「経費支出」になる。

また、敷設工事費は、工事の規模や施工形態によって、「設備関係支出」となる場合と「施設関係支出」になる場合に分かれるため、個々の事例に応じて検討する必要がある。例えば、建物躯体工事や構築物設置工事などを伴う大規模な敷設工事の場合は「施設関係支出」として処理することが妥当である。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00|PermalinkComments(0) ★ 固定資産 

2019年12月04日

【防災用備蓄品】災害用毛布、防災頭巾の購入

貯蔵品3(毛布)こんにちは!今日は、幼稚園でのご質問です。

 




<Q>【防災用備蓄品】災害用毛布、防災頭巾の購入

 幼稚園では、災害用毛布、防災頭巾などの防災備蓄用品を購入し、防災備蓄庫に保管しています。この場合、災害用毛布、防災頭巾の会計処理はどうなりますか?

 

<A>

 いくつかの会計処理が考えられます。幼稚園の取引実態を検討して適切な会計処理を選択することになります。

例1

教育研究経費の消耗品費(支出)として処理して、未使用分について、貯蔵品とする。

例2

毛布や防災頭巾などの備蓄品は、災害時に備える目的で取得するものであり、固定資産のように長期に亘って使用することを想定していません。また、一点あたりの単価も低いので消耗品費(支出)として処理する。

例3

梱包されたままの毛布が避難訓練などで使用されることもなく、そのまま保管されているような場合は、貯蔵品に振替えて計上する。そして、毎期末、実地棚卸により在庫の状況を確認して、使用分については、消耗品費等に振替える。

(参考:「学校法人会計Q&A(2016年版)」の143 防災備蓄用品の購入費。発行:東京都私学財団)

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00|PermalinkComments(0) □□ 支出/経費 

2019年12月03日

【高校】専門高校ってなんだろう?

高校生こんにちは!今日は、専門学校の理事さんからのご質問です。

 

<Q>【高校】専門高校ってなんだろう?

 高校には専門高校があるとのことですが、どういう学校ですか?

 

<A>

 専門高校と言うとあまり聞き慣れないかもしれませんが、簡単に言うと商業高校、工業高校、農業高校、水産高校などの高校をいいます。全高校生の約2割が専門高校に通っています。

 専門高校は、職業高校とか実業高校とか言うこともあります。

 

 きちんした説明は、学校教育法に遡ります。

 学校教育法の50条です。

(高等学校の目的)

50条 高等学校は、中学校における教育の基礎の上に、心身の発達及び進路に応じて、高度な普通教育及び専門教育を施すことを目的とする

 ここの「専門教育」が専門高校につながってきます。

 

 具体的な内容は、高校設置基準をみるとはっきりしてきます。

高校設置基準

簡単に言うと

(学科の種類)

第5条 高等学校の学科は次のとおりとする。

 

一 普通教育を主とする学科

普通科のある高校

二 専門教育を主とする学科

専門高校

三 普通教育及び専門教育を選択履修を旨として総合的に施す学科

総合学科のある高校

 次の第6条はもっと詳しく、専門教育を主とする学科として農業、工業、商業など14の学科を例示しています(6条◆法

一 農業に関する学科

二 工業に関する学科

三 商業に関する学科

四 水産に関する学科

五 家庭に関する学科

六 看護に関する学科

七 情報に関する学科

八 福祉に関する学科

九 理数に関する学科

十 体育に関する学科

十一 音楽に関する学科

十二 美術に関する学科

十三 外国語に関する学科

十四 国際関係に関する学科

十五 その他専門教育を施す学科として適当な規模及び内容があると認められる学科

 このように専門高校では、職業教育に関する学科にとどまらないで、普通教育に関する教科や科目のうち、高度に学ぶ(音楽・美術など)学科も見られます。

 

 今日は、ここまでです。

 

<ご参考:高等学校学科別生徒数の構成の推移>

出典:文科省のwebサイト 高等学校学科別生徒数・学校数
高校学科別生徒数の構成推移(文科省)



kaikei123 at 09:45|PermalinkComments(0)

2019年12月02日

【明細表】借入金明細表の「※印」の仕組み

疑問こんにちは!今日は、高校法人でのご質問です。

 

<Q>【明細表】借入金明細表の仕組み

 借入金明細表では、長期借入金を1年内返済予定の短期借入金に振り替える場合、2段書きして、印をつけますが、かえって分かりづらい気もするのですが、このような会計処理をする根拠は、どこに書いてあるのですか?

 

 

<A>

 借入金明細表の「2段書き」と「印」は、もともとは「学校法人計算書類の表示について(その1)」(学校会計委員会報告第20号。S50.5.7)で定められていました。委員会報告なので、学校法人会計の実務では強制力を持つ文書です。

 この委員会報告20号は、「学校法人計算書類の表示に関する研究報告」(学校法人委員会研究報告第33)に形を変えました。委員会報告から研究報告を会計処理の拘束力は下りましたけれど、従来は委員会報告に書かれ実務に浸透していることから、現在でのほぼ強制力ある文書として扱われています。↓↓

研究報告33号(抜粋)

2.借入金明細表

(1)長期借入金のうち、その分割返済期限が貸借対照表日後1年以内に到来するものは、借入金明細表の「返済期限が1年以内の長期借入金」の区分に記載する。

(2)当期末において、新たに返済期限が1年以内の長期借入金となった金額については、長期借入金の当期減少額欄及び短期借入金(返済期限が1年以内の長期借入金)の当期増加額欄のそれぞれの金額の頭に※印を付してその関連を明確にする。

なお、長期借入金の期限前返済があったときは、長期借入金の当期減少額欄に前記※印金額と区分して二段書表示する。また、前記※印金額は資金収支と関連がないため、当期増加額欄及び当期減少額欄の合計(小計及び計を含む。)においても※印を付した金額とその他の金額とを区分して二段害表示する。

 

<おまけの解説>

※印を付して他の金額と区別した理由のひとつは、※印をつけた金額は単なる帳簿上の振替であって、資金収支計算とは関連を持たないことを示すためです。また、長期借入金と短期借入金の対応関係も見やすくなります(明瞭性の原則:基準3条。街罅法
借入金明細表_000001

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00|PermalinkComments(0) ☆ 内訳表・明細表