2012年02月

2012年02月27日

【収入】前期損益収益の表示は?

疑問こんにちは! 今日は、民間企業からある県の私立高校に移られた経理の方からのご質問です。

 

<Q>昨年の決算で、保険料に過払いがあることが判明し、今年度にそのお金が戻ってきました。民間企業だと前期損益修正益という感じになりますが、学校会計では、どこに入るのでしょうか?

 

<A>

 学校会計では、前期損益修正損益をはっきりと想定していないので、学校法人会計基準(以下、「基準」と言う)の記載科目や様式には例示がありません。

 そうは言っても実際に、今回のように前年度の修正益が出てくる場合があります。この場合は、大科目に入れる場所が場合は、(大科目)雑収入の(小科目)その他の雑収入になります。金額が大きければ、独立した小科目になります。

 雑収入に入れるのは、雑収入が、「法人に帰属する各収入以外の収入」(基準別表第1及び第2)と定義され、指定の場所に入れる大科目がない帰属収入は「雑収入」になります。



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)《特集》 学校会計特有の処理 

2012年02月20日

【有価証券】仕組債の評価

有価証券こんにちは! 今日は、ある会合で同席した学校法人の財務担当理事さんからのご質問です。

 

<Q>仕組債の時価が取得原価に対して50%以下に下落してします。この場合、評価換えしなくてはならないのでしょうか? 

 

<A>

1.有価証券の評価

仕組債を含めた有価証券の評価については、まず学校法人会計基準の第27条に定めがあります。有価証券評価のスタートはここです。

※基準第27

有価証券については、第25条の規定により評価した価額と比較してその時価が著しく低くなった場合には、その回復が可能と認められるときを除き、時価によって評価するものとする。

この基準の趣旨は、学校法人の決算では、有価証券の確実な残高を貸借対照表に表示することにあります。ここで、有価証券の評価減しなければならない条件は、「〇価が著しく低くなった+∋価の回復が可能を認められない場合」です。

 

2.時価が著しく低くなった場合

さて、学校法人会計問答集(Q&A)13 号「有価証券の評価等について」Q7では、時価が取得原価に対し50%以上下落した場合は学校法人会計基準第27 条でいう「時価が著しく下落した場合」に該当すると示されています。

時価の下落率

「著しく低くなった場合」かどうかの判定

50%以上

「著しく低くなった場合」に該当する

30%以上50%未満

著しく低くなったと判断するための合理的な基準を設けて判断する。

 

ですから、仕組債の時価の回復が可能と認められる場合を除き評価換えをすることになります。

 



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 有価証券 

2012年02月13日

【経費】売却費用と除却費用

考えるこんにちは! ある大学で固定資産の売却費用と除却費用についてのご質問をいただきました。

 

<Q>建物・構築物の除却費用は、その固定資産の使途によって教育研究経費と管理経費にわかると言うのですが、建物などの売却にかかる費用(例:仲介手数料)はどうして、管理経費にするのですか?

 

<A>

 日本公認会計士協会で公表している「固定資産に関するQ&A」(H22年)では、4-1除却費用で「土地、建物等を売却した際の仲介手数料ほか売却のための諸経費は、管理経費に計上すること」とあります。売却費用を管理経費とする理由は、土地・建物等の売却取引は、教育研究活動でないので管理経費としていうのでしょう。

 学校会計では、固定資産に関する支出でも、除却費用は、除却する固定資産のもともとの使途で決めていましたので、ご留意下さい。

 

固定資産の売却費用

管理経費にする

固定資産の除却費用

固定資産の使途で教育・管理を決める

 



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)□□ 支出/経費 

2012年02月06日

【経費】建物の取り壊し費用

取り壊しこんにちは!今日は、ある大学法人でのやりとりからです。

 

<Q>建物の建て替え工事に伴って、従来の建物を取り壊し、塀などの構築物を除却していますが、この場合の建物の取り壊し費用や塀の撤去費用の会計処理は、どうなりますか?

 

<A>

1.除却される固定資産

 旧建物や撤去される塀の帳簿価額は、まず資産処分差額で会計処理されます。

基準別表第2

大科目

小科目

備考

資産処分差額

 

資産の帳簿残高が当該資産の売却収入金額を超える場合のその超過額をいい、除却損失又は廃棄損を含む。

 

2.除却費用

 次は、建物の取り壊し費用や塀の除却費用です。

(1)シンプルな考え方:従来使途を重視する考え

従来より使用していた固定資産の除却等により取壊しのための支出が生じた場合は、取壊しの対象となった資産の使途に応じて経費処理します。つまり、すなわち、教育研究関係の固定資産の取壊し費用は、教育研究経費(支出)とし、管理関係の固定資産の取壊し費用は、管理経費(支出)として処理します。

 

除却費用の区分

固定資産の分類

除却費用の教管区分

教育研究関係の固定資産

教育研究経費(支出)

管理関係の固定資産

管理経費(支出)

 

(2)将来使途を重視する考え

(1)の考え方に対して、教育研究諸活動の維持・継続のための支出か否かを重視して、取壊しにより教育研究活動が停止する場合には教育研究経費(支出)とすべきではないとする有力な見解もあります。

取壊し経費の経費区分の原則的考えは、上記(1)によるのが妥当なのですが、建物等の取り壊し後の土地を教育研究関係から管理関係へ使途変更する場合には、管理経費(支出)処理を認めるものとする考えです。



kaikei123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)□□ 支出/経費 

2012年02月01日

【休憩室】梅の花。今日から2月!

こんにちは! 今日から2月です。2月の花には、梅の花を選びました。

2月 梅の花



kaikei123 at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【季節の休憩室】