2011年04月

2011年04月25日

【注記】有価証券の時価情報

株式こんにちは!今日は大学の法人本部の課長さんからのご質問です。

 

<Q>決算での注記事項の質問です。

「7.その他財政及び経営の状況を正確に判断するために必要な事項」に〕価証券の時価情報」を注記します。

 

 さて当学校では、株式公開していない会社の有価証券を所有しており時価情報がありません。この場合、有価証券の時価情報はどのように注記するのでしょうか?

 

<A>

学校法人が時価の変動する有価証券を所有している場合、有価証券の値段が日々動くための市場変動リスクにさらされていると言えます。

 

そこで、学校法人会計では、会計年度末に相当の含み損又は含み益があれば取得価額による表示だけでは実態を表しているとは言い難いので、学校が持っている「有価証券の簿価総額」か「含み損又は含み益」に金額的な重要性がある場合には有価証券の時価情報を注記することとしています。

 

ここで時価情報を記載しなければならない有価証券の範囲は、時価のある有価証券です。ここでいう時価とは、取引市場が十分に確立している場合は市場価格であり、取引市場が十分に確立されていない場合には市場価格に準ずるものとして合理的に算定された価格を言います。



kaikei123 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 有価証券 | ☆ 注記

2011年04月18日

【補助金?】業界団体からの補助金の処理

固定資産こんにちは! 今日は、専門学校の本部長からのご質問です。

 

<Q>私たちの所属する業界団体の協会からコンピュータ導入の補助金120万円もらいました。会計処理はどうしたらよいですか?

 

 

 

<A>

学校法人会計では、

 「補助金を国または地方公共団体からの助成金と限定し、その他の者からの贈与または助成は、すべて寄付金収入で処理する」ことになっています。

(学校法人委員会報告第16号

  補助金収入に関する会計処理及び監査上の取り扱い) 

 

 従って、業界の協会からの補助金は、名称は補助金であっても国又は地方公共団体からの助成金ではないため寄付金収入になります。



kaikei123 at 07:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■■ 収入/寄付金収入 | ■■ 収入/補助金収入

2011年04月11日

【決算】就学支援金の初年度決算

経理 こんにちは!今日は、高校の事務長から就学支援金のご質問です。

 

<Q>とうとう決算になりました就学支援金の決算での注意点を教えて下さい。

 

<A>

 就学支援金は、私立の高校、高等専修学校などが対象になります。

公立高校の授業料が無償になるのに伴い、国は私立の高等学校、高等専修学校に在学する生徒に、授業料を月額9900円(低所得加算あり)助成することになりました。この月額9900円の就学支援金をもらえるのは、あくまでも生徒で学校法人は代理でお金をもらう事務代行者です。

 

就学支援金の会計処理のポイントは2つです

◆一つ目は、学校法人はあくまで生徒の代理で就学支援金をもらう事務代行者で、学校では預り金として会計処理します。ですから就学支援金は、学校の帰属収入にはなりません。と言うことは、

 

◆二つ目のポイントは、就学支援金があってもなくても授業料収入の金額は同じになります。

 

文科省の「高等学校等就学支援金事務処理要領(第2版)」では、文部科学省と日本会計士協会で協議した仕訳例が書かれています。この事務処理要領は文部科学省のホームページから入手できます。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/__icsFiles/afieldfile/2010/06/18/1292252_03.pdf

 

また、細かな点では、2月に東京都が各学校へ出した事務連絡によると就学支援金の事務処理手数料を各学校に支給するとのことです。

 

なお、一部の県では、預り金がマイナスになることがあるようですがこの場合は、立替金になるでしょう。



kaikei123 at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)☆ 計算書類 

2011年04月04日

【新着】震災時決算の留意点

地震 東日本大震災の被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

 

 さて、平成7年の神戸・淡路大震災でも震災対応の文章が日本公認会計士協会から各会員会計士向けに出ました。今回の大震災でも同じような文章が3月30日に出ました。ホントは学校法人担当の会計士向けの文章なのですが、内容的には各学校法人の決算にも役立ちそうな事項が多いのでご紹介いたします。

 

 正式名称は、会長通牒「東北地方太平洋沖地震による災害に関する学校法人監査の対応について」です。

 

 この会長通牒の要点としては、

(1)基本的な考え方

 事実確認や会計上の見積もりについて決算では注意して下さい。例えば、

・未収入金等に対する徴収不能引当金の計上

・有価証券の評価

・震災に伴う消費支出の見積もりを過大にしない

 

(2)震災した学校法人の場合

・受け取った義援金は、特別寄付金。

現物をもらったら現物寄付金とする。

・校舎等の損壊がある場合の資産処分差額は平22年度に織り込む

・被災した生徒への見舞金は教育研究経費の福利費とする

・被災した生徒へ貸付する場合は貸付金規定を整備する

・被災した生徒への授業料などの減免は教育研究経費の奨学費とする

・基本金の検討、注記の検討をする

 

(3)被災地以外の学校法人の場合

・義援金の支出は、管理経費の震災義援金とする。

・備蓄している保存食を被災地に寄付した場合

→貯蔵品(資産)処理している学校では現物の義援金は管理経費の震災義援金とする。

→通常の非常食として購入時に消耗品費(経費)で処理している場合には、当年度の購入であれば消耗品費を震災義援金に振り替える。過年度に支出済みであれば金額が僅少である場合を除き、雑収入の過年度収支修正差額と震災義援金等を両建てで処理することが考えられる。

・学内の機器備品を被災地に寄付した場合には、資産処分差額の○○震災義援処分差額等で表示する。

・被災地の生徒を一時的に受け入れて授業料の減免などをした場合は教育研究経費の奨学費とする。

 

 なお、各項目の具体的な内容については、日本会計士協会のサイトの下記ページをご参照ください。

http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/post_1490.html



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【新着】 | ☆ 計算書類

2011年04月01日

【休憩室】桜の花、今日から4月!

こんにちは! 4月になりました。4月の花は、桜を選びました。

4月 さくら



kaikei123 at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【季節の休憩室】