2010年10月

2010年10月25日

【基本金】基本金と部門別計算(決定版)

部門こんにちは! 今日は、平成21年度決算で大学法人の経理課長からのご質問です。

 

<Q>基本金は部門別に計算するのか、法人全体で計算するのかどちらですべきでしょうか?

 

<A>

 学校法人の実態によって変わると思いますが、原則型は

1号基本金 原則:部門別、認容:法人全体

2号基本金   同上

3号基本金   同上

4号基本金 原則:法人全体、認容:部門別

 

 考え方は、

基本金要組入額は、原則として基本金の設定対象資産と結び付けて算定され、基本金の組入計算も各法人の実態に応じて部門別に行うこととなっています。しかし、基本金の設定対象資産を複数の部門で共用したり、使用する部門が変更されることもあるため、学校法人が基本金対象資産を法人全体で判断している場合は、法人全体をもって判断することも認められるでしょう。(基本金Q&A3−7)

 

他方、第4号基本金の金額を算定する文部大臣裁定が法人全体の消費収支計算書を前提にしていることから、法人全体で判断することが原則になります。第4号基本金も会計単位や資金が部門別に独立している場合は部門別計算も認容されます。(基本金Q&A2−14)

 

     基本金Q&A=日本公認会計士協会「学校法人委員会研究報告第15号」基本金に係る実務上の取扱いに関するQ&A

参考:日本公認会計士協会「学校法人委員会研究資料第1号」

    学校法人会計基準会計改正に伴う相談回答事例

 



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)☆ 基本金 

2010年10月18日

【新】AEDの計上科目

AEDこんにちは! 日本公認会計士協会から「固定資産に関するQ&A」が公表されました。旧中間報告(昭和55年)からの改訂部分を、お知らせしています。※学校法人委員会研究報告第20号(平成22年6月9日)

 今日のQ&Aは、「AEDの計上科目」です。 

 

<Q>AED(自動体外式除細動器)の計上科目について(Q&A5−2)

幼稚園で園児用のAED(自動体外式除細動器)を購入し、備品としています。しかしながら、AEDを実際に使うようなことはほとんど想定できないため、管理備品として「その他の機器備品」として処理してよいでしょうか。

 

AEDA>教育研究経費と管理経費の区分について(報告」)」について(通知)(昭和46年11月27日文部省通知雑管第118号)によれば、管理経費として処理すべき項目は7項目に限定されており、ここに列挙されていない項目については、その主たる使途に従って教育研究経費か管理経費のいずれかの支出として処理することとされています。

 

この、教育研究経費か管理経費かの区分の考え方に従い、ほとんど使用することが想定されていない場合であっても、園児用に購入したものであれば、「教育研究用機器備品」として処理することになります。

 

【まとめ】

AEDは使用頻度が少なくとも、通常は教育研究用機器備品になります。

今日までで、「固定資産に関するQ&A」で新しく加筆された部分のご紹介は終わりです。

 



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産 

2010年10月12日

【新】少額重要資産の追加取得

机こんにちは! 日本公認会計士協会から「固定資産に関するQ&A」が公表されました。旧中間報告(昭和55年)からの改訂部分を、お知らせしています。※学校法人委員会研究報告第20号(平成22年6月9日)

 今日のQ&Aは、「少額重要資産の追加取得」です。 

 

<Q>少額重要資産の追加取得(Q&A4−5)

少額重要資産として計上している学生生徒用の机、椅子は現在それぞれ2,000個程度保有していますが、最近は年に10個から20個程度しか購入していません。このような場合でも取得した年度に少額重要資産として固定資産計ヒするのでしょうか。

 

<A>年間の購入量が少なくとも、少額重要資産として計上している物品の追加取得については、固定資産計上する必要があります。

 

【コメント】

少額重要資産を復習します。

少額重要資産とは、学校法人が所有する机、椅子、書架、ロッカーなど

ヽ惺史/佑寮質上基本的に重要なもので、

△修量榲遂行上常時相当数多額に保有していることが必要とされる資産です。

(文管振62号。昭和492月)

この少額需要資産は、固定資産として管理し、基本金設定対象資産となります。



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産 

2010年10月04日

【新】少額重要資産の除却

机こんにちは! 日本公認会計士協会から「固定資産に関するQ&A」が公表されました。旧中間報告(昭和55年)からの改訂部分を、お知らせしています。※学校法人委員会研究報告第20号(平成22年6月9日)

 今日のQ&Aは、「少額重要資産の除却」です。 

 

<Q>少額重要資産の除却(Q&A4−4)

 少額重要資産として計上している機器備品の実地棚卸を行ったところ、所在不明により紛失として処理すべきも、修理不能な破損等により廃棄すべきものが発見されました。除却処理はどのように行えばよいでしょうか。なお、当校では少額重要資産について個別償却を行っておらず、取得年度ごとに同一耐用年数のものをグループ化し、一括して償却する方法を採用しています。

 

<A>

委員会報告第28号においては、いわゆるグルーブ償却を行った場合、現物の有無にかかわらず、耐用年数の最終年度に一括除却処理する方法も妥当な会計処理として取り扱うものとされている。したがって、グループ償却を採用している場合には、紛失が判明した年度ないし廃棄した年度において除却処理を行わないこととなります。

 

ただし、グループ償却はあくまで事務手続の簡素化という観点から認められるものであり、例えば、災害等で大量に廃棄すべき資産が生じたような場合にまで、耐用年数経過時まで除却処理を行わないのは適当ではありません。その場合には、当該事象が発生した年度において会計上も除却処理します。

 

【まとめ】

グループ償却では、個別資産の除却は行わず償却し続けます。



kaikei123 at 04:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産 

2010年10月01日

【休憩室】コスモスの花、今日から10月!

こんにちは! 10月になりました。10月の花は、「秋桜(コスモス)」です。

コスモス



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【季節の休憩室】