2010年05月

2010年05月31日

【資産?】バス購入時のリサイクル費用

バスこんにちは! 今日は、高校の経理部長さんからのご質問です。

 

 

 

 

リサイクル<Q>この度、中古のスクールバスを購入しました。この時、リサイクル費用はどのように会計処理したらよいでしょうか?

 

 

<A>

 まず、取引事実を確認します。リサイクル費用の中身は、通常

    シュレッダーダスト料金、

    エアバッグ類料金、

    フロン類料金、

    情報管理料金、

    資金管理料金 の5つならなっています。

 それぞれのお金の内容は、ちょっとややこしいのでまとめると 銑い蓮⊆動車が処分されるまで「資金管理法人」(財団法人自動車リサイクル促進センター)に預けているお金です。イ蓮∋餠盍浜法人の管理費用です。

 そうすると、 銑い詫詑金、イ老佝颪砲覆蠅泙后

 

 まとめると、

 銑い了拿は、

(資金収支計算書)

 (大科目)その他の支出(小科目)預託金支出

(貸借対照表)

 (大科目)その他の固定資産(小科目)預託金

 

イ了拿

(資金収支計算書)

 (大科目)教育研究経費支出

     (小科目)報酬・委託・手数料支出

(消費収支計算書)

 (大科目)教育研究経費(小科目)報酬・委託・手数料 です。



kaikei123 at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産 | □□ 支出/経費

2010年05月25日

【議事録】決算理事会の順番に注意(2)

案内こんにちは、今日は、決算理事会の順番に注意(2)です。

この時期、決算理事会の順番に勘違いする学校を見かけるので注意点をまとめました。今日は、公認会計士監査がある学校法人さんの場合です。

 

公認会計士監査がある場合、「監事監査→理事会→評議員会」の順番のどこに入るのでしょうか? 公認会計士監査は私立学校法には登場しません。公認会計士監査は、「公的な補助金をもらった場合に公認会計士監査が必要になりますよ」と言う私立学校振興助成法と言う法律に登場します。

 

そもそも公認会計士監査は、経常費補助のある文部科学省所轄の大学や知事所轄の高校・中学・小学校・幼稚園(助成法14条)、運営費補助のある専修学校(高等課程)に義務づけられています。ですから、専修学校(専門課程)だけの学校法人には公認会計士監査は法律の上では義務となっていません。

さて、文科省の通知では、経常費補助金をもらっている学校法人は、計算書類に公認会計士の監査報告書を付けて6月末までに所轄庁に提出しなければならないことになっています。

 

迷うのは、先の「監事の監査報告書→理事会開催→評議員会開催」の流れと公認会計士監査の順番です。具体的には、公認会計士から何日日付の監査報告書をもらうかです。実際の場面では、会計士は、学校法人に事務長から「決算理事会で決算決議の通りがよいので早く監査報告書を下さい」とよく言われます。ホントに学校では、理事会開催前に公認会計士の監査報告書を受け取るのが良いのでしょうか??

 

ここの順番ですが、次の2つの理由から公認会計士の監査報告書の順番が一番最後になります。

 

理由の一つ目は、私立学校法では法人内部では5月末までに決算を確定すべしとあるのに、公認会計士監査の期限は文科省の通知で6月末までと私立学校法より1ヶ月遅いことと。理由の二つ目は、内部機関の監査である監事監査を行い、かつ理事会で決算承認を行い内部で決算を確定させた後に、外部機関である公認会計士が監査報告を行うのが適当と考えられるからです。

 

この順番は、大手の監査法人でも間違っていることがあります。もし、この順番を間違えると、所轄庁の調査で法令違反として指摘されてしまいます。こんな順番のことで学校が損する必要はありません。注意したい5月の決算理事会の一連の順番です。



kaikei123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◎ 法人運営 

2010年05月24日

【議事録】決算理事会の順番に注意(1)!

スケジュールこんにちは! 今日は、決算理事会の順番に注意(1)です。

この時期、決算理事会の順番に勘違いする学校を見かけるので注意点をまとめました。

 

(1)一番初めは監事監査

私立学校法では、理事会、評議員会、監事の3者で決算が確定していきます。

まず、監事の監査ですが、監事は「学校法人の業務又は財産の状況について、監査報告書を作って、5月末までに理事会と評議員会に提出すること」(第37条)になっています。つまり、まず監事の監査業務の確定が決算確定の一番初めに来ます。

 

(2)理事会か評議員会はどっちが先?

では、次にくるのは理事会と評議員会とのどちらでしょうか?? ここは注意です。予算については、私立学校法で「理事長は、あらかじめ、評議員会の意見を聞かなければならない」と定められています(第42条)。ここの「あらかじめ」の趣旨は理事会で予算を決める前に評議員会に議案をはかり、その意見を理事会の決議に反映することにあります。ですから、理事会の前に評議員会を開催する必要があるのです。でも決算では、理事会と評議員会の順番が予算と逆になるので注意です。

 

と言うのは、私立学校法では、「理事長は、5月末までに決算を評議員会に報告し、その意見を求めなければならない。」(第46条)と定めています。決算の場合は評議員会に「報告しろ」で、予算のように評議員会で「あらかじめ意見を聞け」(第42条)と規定されていません。そこで、決算では評議員会への報告は事後にする解釈されています。ですから、決算における議決手順については、予算の場合と異なり、理事会で議決した決算を理事長が評議員会に報告し、そこで意見を求めることになります。

 

もしも、理事会と評議員会を同日に開催する場合には、理事会の後に評議員会を開催します。議事録の日付に注意です。



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◎ 法人運営 

2010年05月19日

【注記】会計処理の変更注記

考えるこんにちは! 今日は、大学の財務部長からのご質問です。

 

<Q>重要な会計方針の変更等

 リース通知とソフトウエア通知がわかりましたので、適用初年度の「会計処理の変更」の注記を貸借対照表の末尾に書いています。

 ことろが、当法人の附属高校などの設置校は合計10あり、各高校の内訳表をまとめると注記の内容が複雑になります。消費収入超過額のある設置校があるかと思えば、消費収支超過額のある学校もあります。

 そこで、「会計処理の変更」の注記は、設置校別に書いてよいのでしょうか?

(学校法人委員会研究報告第16号 計書類の注記事項の記載に関するQ&Aの「Q31 適用初年度の留意事項」)

 

<A>

 貸借対照表の末尾の注記は、貸借対照表や消費収支計算書の内容を説明するものなので全体としての消費収支計算書と貸借対照表を説明するものを書きます。注記は、全体としての注記を書き設置校別に書きません。

 

 ただ、全体としての注記を書き、その上で、設置校別に「会計処理の変更」を設置校別に書くのは間違いではありません。しかし、設置校別の内容は、かえって注記内容の量が極端に増え、計算書類が読みづらくなるので一般的に書きません。



kaikei123 at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)☆ 注記 

2010年05月10日

【注記】リースとソフトウエアの会計処理の変更

考えるこんにちは! 今日は、タイムリーな「重要な会計方針の変更等」の注記のご質問を大学の経理課長さんからいただきました。

 

<Q>平成21年度の決算は、リースとソフトウエアの通知があり、会計処理の変更の注記が必要です。

 そこで、「学校法人委員会研究報告第16号 計算書類の注記事項の記載に関するQ&A」のQ31をみると記載例が2つ出ていました。そのうち記載例1は「…当年度消費収入超過額が□□円あり……」とあります。

 

 当法人では、消費支出超過額の状態で、影響額は多少あるのですが、あまり大きな影響でもありません。注記をどう書いたら良いですか?

 

<A>

 研究報告第16号のQ31のリースとソフトウエアの会計処理変更の記載例は、あくまでも例示であって、他の書き方も当然OKです。

 

 具体的には、学校が消費支出超過額であれば、記載例の消費収入超過額の文言を使わないで消費支出超過額の文言で説明します。

 

 この注記の記載例1を使うか2を使うかは、学校法人が会計士と相談して決めるのがよいでしょうか。

 

 ここは、あくまでも記載例ですから、影響額が少なければ「…。なお、この変更による計算書類に与える影響は軽微である。」と書いても問題ありません。



kaikei123 at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)☆ 計算書類 

2010年05月06日

【注記】リース資産の注記に注意2

注意こんにちは! 今日は、4月に高校まわりしていて、勘違いが多かったリース資産の注記をお伝えします。

 

平成21年度の決算は、所有権移転外のファイナス・リース取引の注記が変わりました。

 (神21年4月1日以降に開始したリース取引

 ∧神21年3月31日以前に開始したリース取引

 の二本立ての注記になりました。

  

 ここでのここに注意を赤字で書きます。

 平成22年度版の「学校法人会計監査六法」(日本公認会計士協会編P199)にも誤植があり、ドッキ!としました。

 

記載例を書けば、こんな感じです。

 

     平成21年4月1日以降に開始したリース取引

 リース物件の種類 リース料総額 未経過リース料期末残高

 教育研究用機器備品  ××円     ××円

 教育研究用消耗品   ××円     ××円

 

∧神21年3月31日以前に開始したリース取引

 リース資産の種類 リース料総額 未経過リース料期末残高

 教育研究用機器備品  ××円     ××円



kaikei123 at 06:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)☆ 計算書類 

2010年05月03日

【注記】リース資産の注記に注意1

注意こんにちは! 今日は、タイムリーなリースの注記のご質問を大学の経理課長さんからいただきました。

 

<Q>平成21年度の決算は、所有権移転外のファイナス・リース取引の注記が変わりました。

 (神21年4月1日以降に開始したリース取引

 ∧神21年3月31日以前に開始したリース取引

 の二本立ての注記になりました。

 でも、当法人では、旧リースは残っているですが、平成21年度開始のリースはありません。リース資産の注記は、どう書けば良いですか。

 

<A>

 所有権移転外ファイナンス・リース取引のリース資産の注記は、重要性があり貸借対照表に注記することになります。

 ここで、重要性の判断は、リース料の総額で判断します。ですから、リース総額に重要性があれば、21年度は、リースがなくても´△涼躓が両方必要です。

 記載例を書けば、こんな感じです。

     平成21年4月1日以降に開始したリース取引

   該当の取引なし

 

∧神21年3月31日以前に開始したリース取引

 リース資産の種類 リース料総額 未経過リース料期末残高

 教育研究用機器備品  ××円     ××円



kaikei123 at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)☆ 計算書類 

2010年05月01日

【休憩室】葉の花、今日から五月!

こんにちは! 今日から五月です。五月の花は、菜の花です。

 

菜の花畑

5月菜の花



kaikei123 at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【季節の休憩室】