2010年02月

2010年02月22日

【東京都】幼稚園の簡単経理は?!

疑問こんにちは! 今日は、幼稚園さんからのご相談です。

 

<Q>当幼稚園(東京都)では、経理担当者が退職し、現在なれない一般職員が兼務の形で経理を行っています。人材も少なくどの程度の経理を行えばよいか良いか迷っています。

 

 

<A>

 補助金を受けている園であるので学校法人会計基準に従った決算が必要ですが、制度的にどのレベルの経理が必要か明示されているものとしては、ちょっと古いのですが昭和49年に当時の文部省の通知を受けて、東京都が知事所轄学校法人に通知を出しました。この通知は、もちろん今も生きています。

※「学校法人会計基準の小規模法人における会計処理の簡略化に関する処理標準について(昭和49年5月29日東京都総務局学事部長通知」

 

 おおもとが文部省の通知なので他の道府県もほぼ同じ取扱かと思い。以下、内容をまとめると

 

<小規模法人における会計処理等の簡略化について>

簡単 小規模法人においては、その事務体制の実態にかんがみ、学校法人会計基準の要請する基本的事項を逸脱しない範囲内において、次のような会計処理の簡略化の措置を行うことができるものとする。

 

(1)日常の取引については、現金預金の出入りで経理を行い、消費収支計算に関する会計処理(現物寄付金・減価償却・未収金・未払金など)は、主として会計年度末にまとめて行うこととする。

 

ただ、前期末前受金及び前期末前払金については、会計年度始めにおいて処理することが望ましい。

 

(2)毎月継続して発生する電気、ガス、水道、電話、保険料の料金については、現金主義で会計処理できる。

 一定の契約に基づいて継続的に受ける収入(受取利息等)についても、同じ。

 

(3)販売用文房具、制服等の購入支出は、購入年度に消費支出として処理できる。ただし、会計年度末においてどの物品が多額に残っている場合には、流動資産として貸借対照表に計L処理しなければならない。

 

(4)幼稚園のみを設置する学校法人にあっては,運動会,学芸会等日簡略化常の教育活動の一還としての諸行事に係る経費並びに保育研修会,楽器指導講習会等教職員の資質向上のための研修会,講習会等への参加に係る経費については,それぞれ形態分類によらない小科目を設定することができる。ただし,これらの小科目の金額が多額となる場合は,その小科目の内訳を形態分類により表示することが適当である。

 

この処理標準において小規模法人とは、高等学校法人以下)法人をいいます。

 

 ご参考になれば幸いです。今日は少し長くなりました。それでは!



kaikei123 at 07:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)《特集》 学校法人の経営 | 【学校法人会計基準・基礎知識】

2010年02月16日

【緊急】就学支援金の会計処理!

補助金こんにちは! 今日は、最近のご質問の多い就学支援金の話です。

 

<Q>今年の4月から始まる高等学校等(私立)の就学支援絵金の会計処理について教えてください。

 

<A>

1.制度の概要

補助金 予定では4月より高等学校に在籍する生徒と授業料を一定額(年額118,800円。月額だと9900円)を国が助成する制度が始まります。

 

 そして、低所得世帯に対しては増額の助成措置があります。

    年収250万円程度:年額237,600円(2倍)

    年収350万円程度:年額178,200円(1.5倍)

 

手続きは、私立学校に在籍する生徒の授業料について、生徒本人から各学校に提出される申請に基づき、国が118,000円を負担するものです。

 

2.会計処理

 就学支援金は、生徒に代わって各学校に支給されます。お金をもらうのはあくまでも本人で学校ではないので、学校では「預り金」処理になります。学校法人が就学義援金を代理受領しますので、「預り金」の収支です。



kaikei123 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■■ 収入/学納金収入 | ★ 負債

2010年02月15日

【緊急】高等専修学校の就学支援金

補助金こんにちは! 今日は、高等専修学校の校長からのご質問です。最近、各学校でよく話題に出る話です。

 

<Q>今年の4月から始まる高等学校等(私立)の就学支援絵金は高等専修学校(専門学校の高等課程)ももらえるのでしょうか?

 

<A>

 4月より公立高校は授業料の不徴収が始まり、私立高校では就学支援金が家庭に支給されます。

 そして、就学支援金の対象となる学校ですが、

    国立及び私立の高校学校(全日制・定時制・通信制)

    中等教育学校(後期課程)

    特別支援学校(高等部)

    国公私立の高等専門学校(1〜3学年)

    高等学校の過程に類する専修学校・各種学校等

 

 これから高等専修学校のご家庭には、就学支援金が支給されることになります。

※詳細は、「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律案骨子」にあります。



kaikei123 at 07:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■■ 収入/学納金収入 | 《特集》 学校法人の経営

2010年02月08日

【専門学校】学校法人会計基準は強制??

理事長こんにちは! 今日は専門学校の理事からのご質問です。

 

<Q>うちの専門学校では、一条校(私立高校など)のように補助金を受けていませんが、決算は学校法人会計基準で作るのはなぜでしょうか?

 

 

 

 

<A>

 今の制度では、経常費補助金の交付を受けていない学校法人や準学校法人(専修学校・各種学校)では、意外ですが「決算を学校法人会計基準でしなさい」と法律ではっきりと決まっているわけではありません。

文部省しかし、文科省の指導としては、以下を総合すると専門学校などの準学校法人も学校法人会計基準で決算をすることになります。

 

 

理由としては、

ヽ惺史/佑陵0譴硫餬彜霆爐任△

学校法人会計基準は、学校法人についての唯一の会計基準であること

※この基準が設定される前は、各学校法人には統一した会計ルールがなく、学校独自の決算をしていました。

 

∋篶学校法施行規則

この規則第4条の4第1項では、「財産目録、貸借対照表、収支計算書及び事業報告書の財務状況に関する部分」の作成は、般に公正妥当と認められる学校法人会計の基準その他の学校法人会計の慣行に従って行わなければならない」となっています。

 

ちょっと古い通知ですが

昭和57年に当時の文部省が各都道府県に出した通知に、「私立学校振興助成法第16条の規定により補助を受ける準学校法人の会計処理についても,学校法人会計基準に従って処理することが望ましい」としています。

(昭和57年12月10文部事務次官通達「私立学校振興助成法の一部を改正する法律の施行について」文部事務次官通達)。

 

他にも根拠があるかもしれませんが、少なくともこの3つから専門学校の決算も学校法人会計基準で行うことになると考えられます。



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【学校法人会計基準・基礎知識】 

2010年02月01日

【収入】学費負担軽減の補助金が出た!

家計こんにちは! 今日は、高校の主任からのご質問です。

 

<Q>県から学校に授業料軽減の補助金が入ってきます。この場合の授業料収入の会計処理はどうなるのですか。

 

<A>

 学費負担軽減のための補助金があるばあいは、「授業料収入」に計上される授業料は、授業料軽減後の金額となります。

 

<解説>学費負担軽減補助金

地方公共団体が学校法人に対し、父兄の学費負担軽減の目的で、授業料の一部負担等の助成をした場合は、当該助成金は「補助金収入」に計上します。

 

地方公共団体が父兄に直接助成してもよさそうなものですが、制度的および事務的に実施が困難であるため、学校法人を通じて経理処理しているのが現状です。

 

この経理処理方法としては、

(イ)補助金収入を計上し、授業料収入を減額する方法

(ロ)授業料収入を計上し、補助金収入を減額する方法

(ハ)補助金収入、授業料収入および当該支出(「奨学費支出」等)ともにすべての収支を計上する方法などが考えられますがが、日本公認会計士協会の委員会報告第16号(昭和49年10月)では、上記のうち、(イ)の方法を採用しました。(イ)の方法により、授業料収入を減額する場合、直接減額法または間接減額法のいずれによってもよいことになりました。

 

直接減額法の例としては、

授業料収入       ××× ←減免後。実務で多い例 

補助金収入       ×××

 

間接的表示方法の例としては、

授業料収入       ×××

○○補助金による軽減額 △××× ××× の方法があります。



kaikei123 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■■ 収入/学納金収入 | ■■ 収入/補助金収入

【休憩室】梅の花、今日から二月!

こんにちは! 今日から二月です。二月の花は、梅の花です。

 

梅の花

梅の花



kaikei123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【季節の休憩室】