2009年08月

2009年08月31日

【資産】耐用年数がわからない??????

考える先生 こんにちは! 今日は、「固定資産の耐用年数」のご質問です。

 

<Q>

 こんにちは梶間です。今日は、「固定資産の耐用年数」のご質問です。

 

<Q>

当専門学校では、耐用年数も見直しを考えています。そこで、調べてみると、「固定資産の耐用年数は、本来は学校法人が固定資産の使用状況を勘案して自主的に決めるもの」とありました。しかし、実際、耐用年数を決めるのはなかなか難しいです。どうしたら良いですか?

 

<A>

確かに、固定資産の耐用年数は、本来は学校法人が固定資産の使用状況を勘案して自主的に決めるものです。しかし、実際は学校が独自で決めるのは難しいです。  

そこで、目安として学校法人委員会第28号(日本公認会計士協会)で代表的な固定資産の耐用年数が示されています。

また、詳細な耐用年数は税金計算用ですが、財務省令の耐用年数表を利用してOKと言うことになっています。

 

ただし、学校が採用する耐用年数については、恣意性が入らないように経理規程等にどうするか明記する必要となりますので忘れないでください。



kaikei123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産 

2009年08月24日

【資産・経費】資産か経費が分けられない?

資本的支出 こんにちは! 今日は、「資産か経費か分けられない支出」のご質問です。

 

<Q>施設・設備関係支出と経費支出との区分が困難な場合、税法の形式的区分基準に準じて取扱うことは認められるでしょうか。

 

<A>

 施設・設備関係の支出を資産とするか経費とするかの考え方のご質問です。

 

 

 

(1)ご回答

本来は、施設・設備関係支出と経費支出との区分は一般に認められた会計慣行によります。しかし、実務的には、施設・設備関係支出と経費支出との区分がなかなか難しいことがあります。

 

そこで、学校法人会計では、その支出の区分が特に困難な場合に限って、例えば、税法の形式的区分基準を参考にして、会計処理をすることを認めています。

 

(2)2つの注意点

そして、この場合は、注意点は2つです。

〃措暗基準を経理規程等に定めておくことが必要です。

∪破ヾ霆爐痢孱械伊円未満等」とあるのは、各学校法人の規模等を勘案して定めるべきであり、そのまま幼稚園法人等の小規模法人に画一的に利用することは避けなければならない。とされています。

 

(3)具体的な形式的基準の例

修理。鰻鐡り支出金額が30万円未満である場合、又は修理、改良等の対象とした個々の資産の前年度末の取得価額の10%相当額以下である場合は経費支出とする。ただし、明らかに施設・設備関係支出に該当するものを除く。

 

既往の実績により、おおむね3年以内の期間を周期として、ほぼ同程度支出されることが常例となっている事情がある場合は経費支出とする。

 

,乏催しない1件当りの支出金額の全額(△療用を受けたものを除く)について、その金額の30%相当額と、その改良等をした資産の前年度末の取得価格の10%相当額とのいずれか少ない金額を経費支出とし、残額を施設・設備関係支出として、その除却損を計上しない経理をする。

 

※固定資産の関する実務問答集(日本公認会計士協会。昭和55年)



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産 | □□ 支出/経費

2009年08月17日

【資産】少額重要資産って何だろう?

備品こんにちは! 今日は、机、椅子などの少額重要資産のご質問です。

 

 

<Q>学校では、机や椅子を消耗品で経費処理しないで少額重要資産として資産計上しますが、そもそも重要資産であるかはどう判断するのでしょうか?

 

<A>

重要資産であるか否かは、次の2つで判断します。

 

 第1は、学校法人の性質上基本的に重要な資産であるかどうか。

例えば、学生生徒用の机・椅子・ロッカー、図書館の本棚などは教育研究上基本的に重要な資産となります。

 

第2は、常時多額(多量)に保有することが学校の目的遂行上必要とされる資産かです。

 

どのようなものが少額重要資産になるかは,経理規程等に具体的に定めることが求められる。

※固定資産の関する実務問答集5-1(日本公認会計士協会)

 

早わかりの図表をつけます。

 

重要資産



kaikei123 at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産 | 《特集》 学校会計特有の処理

2009年08月10日

【資産】中古資産の耐用年数!

スクールバスこんにちは! 今日は、幼稚園さんから中古スクールバスの耐用年数についてのご質問です。

 

<Q>当園では、中古のスクールバスを購入しました。この場合、減価償却をする場合の耐用年数は何年になるのでしょうか? 新車の耐用年数より短い感じがするのですが?

 耐用年数は新品の場合で5年。今回のバスは1年落ちのバスです。

 

<A>

スクールバス 固定資産を買った場合に、耐用年数を決めるのは実務では、ちょっとややこしいところです。

理屈の世界では、「中古資産を取得した場合には、当該資産の経過年数等を勘案して残存使用可能期間を見積る(固定資産に関する実務問答集(中間報告)・昭和55年。日本公認会計士協会)とあります。

 

しかし、実際、園で耐用年数を決めることは、車の専門家でないので、なかなか困難です。そこで、学校会計では、「耐用年数を決めることが難しい場合は税法で決められている耐用年数の簡便法でも良いですよ」となっています。

 と言っても税法は、馴染みが少ないと思うので、税法で言う簡便法を少しだけ書いておきます。ご参考になされ幸いです。

 

<税法の簡便法>

税法では、中古資産を買って残存耐用年数の見積りが困難なときは、次の年数を残存耐用年数とすることができるとしています。

ここでは、中古資産の耐用年数を全部過ぎたものと一部過ぎたものとに分けてそれぞれの残存耐用年数を計算しています。

 

(1)耐用年数の全部を経過した場合

法定耐用年数の20%を耐用年数とします。

(2)耐用年数の一部を経過した資産

(法定耐用年数−経過年数)+(経過年数×20%)

 

 これからすると

(5年−1年)+(1年×20%)=4.2年→4年(1年未満。切捨)

 となります。

 



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産 

2009年08月03日

【ソフト】経理ソフトの保守料金

パソコンこんにちは! 今年度から新しくなった「ソフトウェアの会計処理」についてご質問です。

 

<Q>経理ソフトの保守料金

経理ソフトの保守料を月額5万円支払っています。この場合どのように会計処理をすべきですか。

 

<a>

ソフトウェアの保守は、ソフトウェアの設置や稼動確認作業及び操作指導など一定期間のサービスであり、保守料はそのサービスの対価と考えられます。したがって、経理ソフトの保守料は、時の経過とともに経費処理します。

 

※参考:学校法人委員会報告第42条(日本公認会計士協会 平成21年1月14日)

「ソフトウェアに関する会計処理について(通知)」に関する実務指針1−12



kaikei123 at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)□□ 支出/経費 

2009年08月01日

【休憩室】ひまわり、今日から八月。

こんにちは! 今月は、夏休みです。今日から八月。

八月の花は「ひまわり」です。

 

ひまわり畑ひまわり



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【季節の休憩室】