2007年12月

2007年12月31日

【図書】図書の値引きの会計処理

図書こんにちは! 今日は、とうとう大晦日です。今日は、図書の値引きの話を少しだけします。

 

 

 

<Q>学習参考書のシリーズを3セット購入し、20万円支払いことになりましが、本屋さんの方で消費税分の5%を値引いてくれることになりました。

  請求書 書籍代 200,000円

      値引き ▲10,000円

      消費税   9,500円

      支払額 199,500円

この場合は、図書の購入金額は、いくらですか?

 

<A>

 請求が定価で行われて、請求時に値引き額を引き支払いが行われる場合には、支払った金額199,500円が図書の購入金額になります。

 

 もし、初めに図書代の21万円を支払って、後から本屋さんが10,000円を値引きで戻してくれた場合は、図書21万円、雑収入1万円となります。

 会計で言う総額主義の原則ですね。



kaikei123 at 07:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産/図書 

2007年12月24日

【図書】DVDの会計処理は?

海外旅行

こんにちは! なんと、今日はクリスマスイブですね。さて、今日は、最近増えてきたDVDの話を少しだけします。

 

<Q>今年から英語授業の参考資料として図書館でDVDを購入し、借りたい人には貸出を考えています。この場合の会計処理は消耗品費ですか?

 

<A>DVDの会計処理は図書に準じて考えます。

ですから、長期間にわたり使用・保存する予定であれば固定資産の図書、1年以内に利用して廃棄されるようなものであれば消耗品費なります。



kaikei123 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産/図書 

2007年12月21日

【大学経営】15%は経営困難状態

びっくり

こんにちは! 今日は、ただならぬ記事を新聞で発見しましたのでご紹介いたします。なんと、私大・短大の15%が経営面で経営困難だというのです。詳細は、日経新聞をご覧下さい。

 


私大・短大、「経営困難」98法人、15法人が破綻危機

――事業団調査、再建支援へ。(2007.12.21日本経済新聞夕刊抜粋)

 

 日本私立学校振興・共済事業団は、全国の大学法人64と短大法人34が早急に改善が必要な「経営困難状態」(イエローゾーン)にあり、うち15法人は「いつつぶれてもおかしくない」レベルと判定した。法人名は未公表。

 

同事業団は今後、各法人の経営実態調査や意向などを聴取し、必要があれば

経営改善計画の作成要求や指導・助言の強化、

再生人材の紹介、

合併等の情報提供などの支援

を進める方針。再建困難な場合には、学生募集停止の早期決断を求めることなども視野に入れる。

 

【梶間のコメント】

経営に打つ手は無限です。是非、経営の専門家をまじえて経営改革を実行しましょう。一般企業でもよくあることです。



kaikei123 at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)《特集》 学校法人の経営 

2007年12月17日

【図書】図書は減価償却しない!

図書

こんにちは! 今日は、図書の話です。

 

<Q>固定資産に計上した図書の耐用年数は何年ですか?

 

<A>固定資産と言うと、土地と建設仮勘定以外は、普通、減価償却をするのですが、図書は例外的に減価償却を実施しません。

 

 考え方としては、確かに図書は、年数の経過とともに表紙が赤茶けたりして劣化してきますが、本の中身の価値は減らないからだと理由付けしています。

 

 減価償却と言うのは、例えば300万円で車を購入したとすると、これを費用の固まりと考えて5年で費用にする会計処理の方法です。

 



kaikei123 at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産/図書 

2007年12月12日

【高校経営】生徒と保護者のニーズ!

高校生

こんにちは! 最近、経理のご相談に他にも、経営のご相談が増えてきます。そこで、ちょっと、学校の収入アップの色々な作戦をつづって行くことにしました。

 

 まず、「生徒と保護者のニーズをつかもう!」のお話をします。教育事業はすばらしいのですが、学校経営の収入確保という観点からは、まず、「生徒と保護者のニーズをつかもう!」と言うことが基本です。

 あるお父さんの「中学受験志望校 項目別観察表」がおもしろいのでご紹介します。

1 大学合格実績

2 教育方針の共鳴度

3 学校の雰囲気・校風

4 校長の見識、教育の熱意

5 教職員の意識・対応

6 通学の便・所要時間

7 教育環境、施設充実度

8 自由度と生活指導

9 合格難易度

10 学費コストパフォーマンス

以下、26番まで続きます。

(出典:入りやすくてお得な学校2008首都圏/学研p63

 

他の調査では別の意見があるかもしれませんが、今日、一番にいたいことは、まず、「生徒と保護者のニーズを押さえていますか?」。一般企業では、商売の基本の部分です。

 



kaikei123 at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)《特集》 収入アップ100手 | 《特集》 学校法人の経営

2007年12月10日

【図書】図書の会計処理の基本形

図書

こんにちは! 学校法人会計基準の読破が終わりましたので、今週から学校法人の皆様からのご質問を連載して参ります。今日は、図書の話です。

 

<Q>本や雑誌の会計処理は学校会計特有と聞きましたが、どうなっているのですか?

 

<A>

長期間にわたって保存、使用することが予定される図書は、購入金額の大小にかかわらず固定資産で処理します。

 

 ですから、逆に、購入して短期間で廃棄する雑誌は経費処理になります。雑誌ですね。学習参考書も例としてあげられますが、私は微妙は感じがします。

 学校会計の超基本のところですね。

 

 サブノート的に言うと

 ◆長期にわたり保存・使用する図書→固定資産

 ◆短期で廃棄する図書→経費  ですね。

 

 会計的に考えても、企業会計の方も理解できるところではないでしょうか。

 なお、図書の会計処理については、ちょっと古い通知ですが、昭和47年に文部省より出された「図書の会計処理について」が会計処理の指針になっています。

 



kaikei123 at 07:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★ 固定資産/図書 

2007年12月03日

【38条】知事所轄学校法人に特例あり2

幼稚園 こんにちは! 4月に学校法人会計基準を読み始めましたが、今回が38条(基本金組入れに関する特例等)で最終回になります。このシリーズの終了です。9カ月のご愛読ありがとうございました。

 

第38条(基本金組入れに関する特例等)

 知事所轄学校法人は、第30条第1項の規定に関わらず、同項第4号に掲げる金額に相当する金額の全部又は一部を基本金に組み入れないことができる。

2 知事所轄学校法人は、第4条の規定にかかわらず、基本金明細表を作威しないことができる。

 

【解説】

1 本条の趣旨 

 本条は、知事所轄学校法人について、基本金組入れに関する特例を定めたものです。

 

2 知事所轄学校法人については、第37条で定義しています。すなわち、都道府県知事を所轄庁とする学校法人(高等学校を設置するものを除く。)を知事所轄学校法人と言いました。代表は、幼稚園法人でした。

 

 幼稚園法人のように一般的に規模の小さいものが多い知事所轄学校法人については、その事務組織の実態等を考慮して、簡略化を図るため、38条は一部の事項についてその実施を免除しました。

 

3 まず、本条の前半で第4号基本金への組入れは行わなくともよいものとしました。

 

4 本条の後半では、基本金明細表の作成を免除しました。

 

5 なお、本条は任意規定ですので、実施可能な知事所轄学校法人でも、原則に従うことが適当と言うことになります。

 

図表:中学校以下のみの学校法人の特例(代表:幼稚園法人)

省略できるもの

根拠

徴収不能引当金

基準37法

第4号基本金の組入れ

基準38条

基本金明細表の作成

基準38条

 

 また、すべての知事所轄学校法人に適用する特例もまとめておきます。

図表:すべての知事所轄学校法人の特例

省略できるもの

根拠

「教育研究経費」と「管理経費」の区分 

基準別表第1注4

「教育研究用機器備品」と「その他の機器備品の区分」

基準別表第1注5

単一校の内訳表の省略 

文管振第53号



kaikei123 at 07:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【学校法人会計基準・逐条解説】