2006年11月

2006年11月27日

【学校特有30】少し変な残存価額

固定資産

 こんにちは! 月曜日は、「学校会計の特有の会計処理」をピックアップして連載しています。今日から減価償却から残存価額の話です。

 

残存価額とは、減価償却資産の耐用年数が到来したときにおける見積処分可能価額をいいます。

 

企業会計では、法人税法を利用し、残存価額を原則10%とし、さらに5%までの減価償却を認めています。

 

学校会計では、耐用年数と同じく、各学校法人が使用状況に応じて自主的に決定すべきものとしています。

 

 

ゼロ

 ただし、知事所轄学校法人では所轄庁から残存価額について指示が出ている場合があります。

 例えば、東京都からは残存価額を零とすべき旨の通知があり(基準の処理標準の改正について(通知)、昭和58111日、58総学二第398号、東京都総務局学事部長)、実務上も残存価額を零とする慣行が定着しています。

 

 そのため、「学校法人委員会報告第28号 学校法人の減価償却に関する監査上の取扱いについて」では、「所轄庁の指示に従えば、妥当な会計処理として扱うものとする」としています。

 

 ただ、これは重要性の原則を考慮したからでしょうか?計算簡便性でしょうか? 企業会計の理屈では理解できないことですが、金額が大きくないので仕方ないですね。



kaikei123 at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)《特集》 学校会計特有の処理 

2006年11月20日

【学校特有29】中古資産の耐用年数は同じだった!

2つの基準

 こんにちは! 月曜日は、「学校会計の特有の会計処理」をピックアップして連載しています。今日から減価償却から「中古資産の耐用年数」の話です。

 

 

 中古資産の耐用年数については、固定資産に関する実務問答集3−3に定めがあります。ここでは、

【原則】

学校法人が、「中古資産を取得した場合には、その資産の経過年数等を勘案して残存使用可能期間を見積もるべきである」

 

【認容】

しかし、残存使用耐用期間の見積もりが困難な場合は、税法の簡便法によることもできるとしています。

 

 こうみると基本的に企業会計と同じですね。企業会計と学校会計の違いを書こうと思いましたが、失礼いたしました。

 



kaikei123 at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)《特集》 学校会計特有の処理 

2006年11月13日

【学校特有28】独自の耐用年数表あり!

2つの基準 月曜日は、「学校会計の特有の会計処理」をピックアップして連載しています。今日は、減価償却から耐用年数の話です。

 

 耐用年数は、減価償却資産の利用可能な見積もり年数です。

この見積年数は、本来学校法人の固定資産の使用状況等を勘案して自主的に決定すべきものです。しかし、実際、学校法人で、各減価償却資産についてこれを行うことは困難なので、2つの目安の耐用年数を設けています。

 

 岾惺史/涌儖会報告第28号学校法人の減価償却に関する監査上の取扱いについて」(平成13514日・日本公認会計士協会学校法人委員会)の「固定資産の耐用年数表」…学校会計特有の基準です

◆峺魂曾却資産の耐用年数等に関する省令」(財務省令)…企業会計の税法基準と同じです。

 実務では、,梁冤冉数を用いて、△砲覆じ魂曾却資産については,鮖箸Δ海箸多いようです。



kaikei123 at 07:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)《特集》 学校会計特有の処理 

2006年11月06日

【学校特有27】減価償却は定率法だけ!!

定額法

 こんにちは! 月曜日は、「学校会計の特有の会計処理」をピックアップして連載しています。今日から減価償却の話です。

 

学校法人会計基準第26条(減価償却)では、

仝把蟷饂困里Δ岨の経過によりその価値を減少するもの(以下「減価償却資産」という。)については,減価償却を行うものとする。

減価償却資産の減価償却の方法は,定額法によるものとする。

 

,蓮企業会計と同じです。△蓮学校会計では定率法で認めず減価償却だけとなっています。

 



kaikei123 at 07:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)《特集》 学校会計特有の処理